無料の会員登録をすると
お気に入りができます

はね上げラインは卒業。大人女子は“下げアイライン”で色っぽく♡

メイク

目指すは「大人の色っぽさ」

「余裕を感じる、優しさのある顔やしぐさ」、これが大人の色っぽさです。イタズラ子猫のような小悪魔的色っぽさとは少し違います。

hair.cm

大人の色っぽさを手に入れるには、まずは「優しさのある顔」になること。そのために有効なのが、顔の印象を最も変えてくれるアイメイクなんです。

もっとも効果的なのがアイライン。目尻を下げることで、表情がグッと優しい印象になりますよ。今回は、この「下げアイライン」でオトナの色っぽさを叶えてみましょう♡

まぶた別アイラインの引き方

二重さんへ

パッチリ目の二重さん。メイク映えするため、少しのアイメイクで目力あふれる表情に。ここに優しさをプラスするなら、持ち前の二重ラインを活かしつつ、目の角度によってアイラインを引きはじめる位置を変えます。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

タレ目ぎみ、もしくはまっすぐの目なら目頭からラインを引くとバランスが良くなります。上まぶたに沿って、目尻+3ミリの長さでスッとラインを引きます。

目尻が上がりぎみの場合は、目頭を避けて黒目の内側の位置からラインを引きはじめることを意識します。目尻からグッとラインを下げて、目尻から3-5ミリほど長く描くと愛されアイが完成します。

アイシャドウはブラウン系がオススメです。大人っぽい、優しさあふれる温かい表情になりますよ。

奥二重さんへ

伏し目にすると二重なのに、正面を見ると二重が隠れてしまう奥二重さん。きれいに描いたラインも覆いかぶさってくるまぶたに消されて見えなくなってしまいます。さらに、描いたラインもにじみやすいのが悩み。

そんな奥二重さんは、貴重な二重を無くさないようにできるだけ細くラインを描くのがポイント。アイライナーを持つ側の手の一部(小指など)を顔に当てて支えにすると、ブレずに綺麗にラインを引くことができますよ。

Yue_ / GettyImages
記事に関するお問い合わせ