無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬に絶対NGな『冬の食べ物』4選

この記事では「犬に絶対NGな『冬の食べ物』」をテーマに、ワンちゃんに与えてはいけない冬の食べ物をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ペット

犬に絶対NGな冬の食べ物1:生の魚介類

犬に食べさせたらいけない冬の食べ物としてまず紹介するのが、「生の魚介類」です。季節によって魚介類には旬があり、冬が旬のものの例として、ぶり、アカガイ、カレイ、フグがあります。人間が食べる場合は生で食べることもありますが、ワンちゃんに与える際は必ず加熱しなければいけません。

チアミナーゼが含まれている魚介類を生で食べてしまうと、ビタミンB1欠乏症を引き起こします。また、貝類は口にした部位によっては中毒を起こす場合もありますので、魚介類はしっかり火を通し生ではあげないようにしましょう。

犬に絶対NGな冬の食べ物2:長ネギ

冬が旬の長ネギは、免疫力を高める栄養素を豊富に含んでいるため人間であれば積極的に摂りたい食材ですが、ワンちゃんには絶対NGです。ワンちゃんが摂取することにより中毒を引き起こす危険性があるからです。

中毒の原因物質は、アリルプロピルジスルフィドや、有機チオ硫酸化合物といわれています。ワンちゃんがこれらの物質を含んだものを摂取することにより赤血球が破壊され、中毒を起こすことがあります。また、加熱しても分解されないため、煮込んだ煮汁を与えてもいけません。

中毒の症状としては、血尿、貧血、嘔吐、下痢、動悸などがあり、二日後ぐらいに症状が出る場合もあるため食べた日に無症状であってもすぐに安心してはいけません。そのため愛犬がねぎ類を食べてしまったときは自己判断せずに、獣医さんに相談するようにしてください。

犬に絶対NGな冬の食べ物3:ブドウ

「ブドウ」も犬に絶対NGな冬の食べ物です。摂取した後の症状は嘔吐が主で、他は下痢や食欲低下、震え、呼吸速拍を起こす場合もあります。

また、病院での診察において血液検査をした際に、腎機能の指標となる尿素窒素とクレアチニンの急激な上昇やカルシウムやリンの上昇が認められます。

そして、これらの症状の原因の一つと考えられるのが急性腎不全です。腎臓は体内の老廃物や余分な水分を外へ出し、血液を綺麗にする大切な器官です。また、血液産生を促すホルモンを分泌したり血圧を調整する働きもします。

ブドウを食べさせてしまったことにより、その腎臓が急速に障害を受けてしまい最悪の場合死に至ることもあるため扱いには気をつけなければいけません。

犬に絶対NGな冬の食べ物4:クリスマスの食べ物

最後に紹介する犬に絶対NGな冬の食べ物は「クリスマスの食べ物」です。代表例としてフライドチキンやケーキがありますがこれらをそのまま与えてしまうと余分な油分や脂肪によって体調不良になってしまう恐れがあります。

そのためどうしても与えたい場合はチキンであれば衣の部分を取り除き、骨もきれいに取り除いた状態で与えるようにして、ケーキであれば犬用のケーキを用意して与えるようにしてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ