無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「なりたい」をあきらめない♡頑固な直毛さんのための前髪&まとめ髪アレンジ

やわらかい印象に憧れて毎朝必死で巻いても昼過ぎには中途半端にダレてしまうし、思いきってパーマをかけても数日でストン。まとめ髪に至っては後れ毛とアホ毛が元気よく飛び出して残念なシルエットに…実は、直毛さんにも深刻な悩みがあるんです。

2018年1月
ヘアスタイル

「なりたい」をあきらめない♡

どうせ思うようにスタイリングできないから、と挑戦したいスタイルを諦めていませんか?確かに、髪質によってスタイリングのしやすさは違ってきます。でも、それは直毛さんに限らず、どの髪質にも当てはまること。

Media?size=l
instagram.com

直毛さんの「なりたい!」を叶えて、直毛をもっと楽しみましょう♡

直毛さんのこんなお悩みありませんか?

パーマをきれいに保ちづらい

パーマを長く楽しみたくても、すぐにかかりが弱くなってしまう…とお悩みの方も多いのでは。パーマのかかりが弱い状態はそのままダウンスタイルにするには少し物足理無いと感じることも。

Media?size=l
instagram.com

しかしパーマが全くかかっていない状態より巻くのが楽になったりエアリーにしやすくなったりとセットやアレンジが手軽になるはず!アレンジの下準備と割り切ってかけてみるのもよさそうです。

直毛は扱いづらい?

直毛を扱いづらいと思ってしまうのは、いきなりスタイリングしようとしているからかも。「頑固な直毛」と思っているそのの髪質も、ドライヤーのかけ方の工夫などの一手間でとても扱いやすくなりますよ。

hair.cm

自分の髪をよく知って好きになれば、思うようにスタイリングができるようになりますよ。また、直毛さんだからこそ似合うアレンジだってあるんです。さっそく直毛さんのお悩み解決法やアレンジをみていきましょう。

アレンジ前の一手間

空気感を出して軽やかに

ストンとストレートな髪は重たく見えてしまうことも。そんな時は髪の乾かし方をいつもと変えてみましょう。

Media?size=l
instagram.com

濡れた髪は、ブラシを使わず手で散らすように乾かせば、程良く空気感を含んでくれます。散らしても爆発ボサヘアになりにくいのは直毛さんの特権ですよ。ドライヤーは斜め下から上に向けて風を送ります。この時、ドライヤーの口を前後左右に振って同じ場所に集中しないようにします。

おおよそ乾いたら、エアリー感をキープできるスプレーを髪の内側からかけて完成です。パーマがかかっていたり、巻いたりして動きをつけるともっとエアリー感を楽しめそうです♡エアリーな髪はまとめ髪などのアレンジにもこなれ感をプラスしてくれるはず。

前髪編

憧れのかきあげバング

hair.cm

直毛さんの中には毛流れが頑固で前髪すら思うようにセットできない、とお悩みの方も多いのでは。かきあげバングなんて夢のまた夢…なんてことはありません!いったん、いつもの分け目に逆らってクセを付けることがポイントです。

hair.cm

濡らした前髪に下からドライヤーをあて乾かします。乾いたら冷風をあてて終了。この冷やす行程で立ち上がりのクセが固定されます。今乾かした方向と逆側へ、髪をグイッと持っていけば、フワッとかきあげたような前髪が完成♡

動画では、前髪を濡らさない方法と濡らす方法が紹介されています。コテやアイロンを使わないので、ブローが苦手な人も挑戦しやすいと思います。ぜひチェックしてみてくださいね。

前髪をふんわりさせたい!

Media?size=l
instagram.com

直毛さんはもちろん前髪もストン!とまっすぐ。毛穴の向きによってはおでこに貼りついたようになる人も。せめて前髪ぐらいはふんわり女性らしくなりたい…そんな場合はカーラーを2段に分けて巻くといいですよ。

Media?size=l
instagram.com

髪が濡れてる状態でカーラーを巻いて、ドライヤーで乾かした後に冷風で冷やしてカールを記憶させます。カーラーをはずしたらブラシで程良くほぐして完成!念願のフワッと柔らかい質感の前髪になります♡

前髪を編み込む

何をしてもストーレートに戻ってしまうのがお悩みの方や、ストレートヘアをもっといかしたいという方には、前髪を編み込んで斜めに流してしまうのがおすすめです。

lineblog.me

ストレートなシルエットの一部を編み込むことでメリハリがついてこなれ感が出ます。編み込んだ部分は髪を引き出してユルッと感を忘れずに♡

instagram.com

三つ編みやロープ編みでも十分オシャレですが、直毛さんの綺麗な毛流れが映えるフィッシュボーンでのアレンジが断然オススメ。難しそうですが、三つ編みができれば大丈夫!少し応用するだけなのでマスターしておきましょう。

まとめ髪編

もっとまとめやすく♡

Media?size=l
instagram.com

まとめにくいからいつもダウンスタイル…そんな人も少なくないと思います。あらかじめワックスをもみこんだり軽く巻いておけばすんなりと髪をまとめることができますよ。

トップにボリュームを出したい!

Media?size=l
instagram.com

トップにボリュームを出すポニー。頭の形がよく見えるので大人気ですが、直毛さんからは「引き抜く際に要らない髪まで引き抜いてしまう」「ボリュームがキープできない」という声がちらほら。

Media?size=l
instagram.com

対策はとても簡単で、3段階に分けて束ねるだけ。3ブロックに分かれているので、必要ない髪まで引き抜いてしまうことが減り、ボリュームが足りなくなることもありませんよ。ぜひ、お試しください♡

お団子でボリュームを出す

Media?size=l
instagram.com

お団子はフワフワシルエットを作りやすいのでオススメ。直毛さんの場合は、最初に束を分けてポニーテールを作るのがポイントです。夜までずっとふわふわのボリュームをキープできます。

instagram.com

ふたつに分けて作った束でロープ編みにしたら、グルグルとねじって巻き付けるだけ。程よく髪を引き抜いて完成。毛先は、あえて出したままにしてふわふわ揺れるニュアンスを楽しみましょう。

ねじりでエアリ―をキープ

Media?size=l
instagram.com

束ねた毛先がストンと落ちてしまう直毛さん。引き抜きをうまく取り入れてエアリー感を出したいところ。ただ、頑固なストレートヘアだと、せっかくエアリーに仕上げてもしぼみがち。

instagram.com

そのため、編み込みや三つ編みなどでボリュームを出した後にほぐすのがオススメです。ほぐす量も、多め少なめをランダムに混ぜるとヌケ感のあるシルエットに仕上がります。

くるりんぱ

Media?size=l
instagram.com

いまやヘアアレンジに欠かせない「くるりんぱ」。全体に程よくボリュームを出すため、直毛さんには「連続くるりんぱ」がオススメです。編み込みをしていなくても編み込みをしたようなゴージャス感が楽しめますよ。

instagram.com

基本の「くるりんぱ」をマスターできれば大丈夫!ハチ、耳上、全体、ロングさんならもう一回…数回連続してくるりんぱをするだけです。くるりんぱした後、ランダムに髪を引き出せばこなれ感がアップしますよ♡

直毛の、この髪が好き♡

Media?size=l
instagram.com

諦めていたヘアスタイルも実はとても簡単にできるかも!自分の髪をよく知ればもっとスタイリングやアレンジを楽しめるはず。直毛をもっと楽しんでくださいね♡

記事に関するお問い合わせ