無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脱話し下手!すぐにマネできる素敵レディーの会話術7選♡

「上手に話をしたいのに会話が続かない」「人との会話が苦手」そんな話し下手さんのために、今日から使える会話術をご紹介します! 仕事やプライベート、または好きな人との会話にも、ぜひ活かしてみてくださいね。

2018年1月
ライフスタイル

こんなときに「睡眠不足なんだね、いつもはどのくらい寝てるの?」という質問は少しナンセンスかも。この場合は「本」にフォーカスを当てて、それはどんな本なのか、どんなジャンルの本が好きなのかを聞いてみましょう。

好きなことを聞かれて嬉しくない人はいませんよね。話したがっていることを推し量るのは、最初は難しいかもしれませんが、相手に興味を持って聞いていると、自然と見えてくるはずです。

4、YESかNOで答えられる質問は避ける

質問力を上げるコツは、「YES」か「NO」で答えられる問いをなるべくしないこと。「その〇〇、好きなの?」という質問は、「そうだよ」「ううん、それほどでもない」という返事で終わってしまう可能性がありますね。

「いつ」「どこで」「だれと」「どうして」などを訊ねる質問なら、その後の会話も広がりやすいです。

5、会話が途切れたら、自分の話を

会話が途切れたときは、さらに会話を膨らませるチャンスです! 相手の趣味について話していたなら、今度は自分の趣味を語ってみたり、好きなことを話してみてください。

会話を広げようと意識するあまり、相手の話題を奪ってしまっては良い印象を与えられませんよね。会話が途切れた上手なタイミングで自分の話を始められるのも、会話上手のテクニック。

6、ワンフレーズで答えない

質問に答えるときのポイントは、ワンフレーズで返さないこと。「こんなこと言う必要あるのかな」などと悩むあまり、必要最低限のことしか答えないと、質疑応答のような時間になってしまいます。

「〇〇ってドラマ観てる?」「観てる!ストーリーが面白かった。あれは女同士で観たら楽しいよ」など、聞かれたことに対して、あなたの感想やそのときの状況なども一緒に答えると、会話も広がりやすいです。

7、にこやかな表情を意識する

「次は何を話そう…」などと考え事をしていると、表情も固まって険しくなってしまいがち。

穏やかな表情は相手を和ませ、話しやすい雰囲気を生み出します。いつもにこやかに会話をしてくれる人となら、もっと色々な話をしたくなってしまうのではないでしょうか。

記事に関するお問い合わせ