無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“年末年始”に向けて節約!来年までに身につける「貯めトレルール」12選

節約・マネー

貯められる女子の「節約ルール」

来年までに貯められる“大人女子”に

Photo by S O C I A L . C U T / Unsplash

年末年始と言えば、お正月など多くのイベントで財布の紐がゆるみがちなシーズンですよね。出費を減らしつつ、最大限に有効なお金の使い方をしたいものです。

Vera Kandybovich / EyeEm / Getty Images

そこで今回は年末年始のお金の使い方はもちろん、来年までに「貯め体質」になるための基本ルールをたっぷりご紹介いたします。これを参考に、大変な時期を自分らしく乗り切りましょう。

まずは「食費」をおさえる努力を!

①冷蔵庫にあるものから献立を考える

Maskot / Getty Images

買いだしに行く前にチェックしたいのが冷蔵庫の中身。見えない所まできちんと探して、いまある食材を知っておくのが大切です。7〜10日に1度「買わない日」をつくって、家にある食品だけでメニューを決めてみて。

②自宅で鍋やおせちを楽しむ

imagenavi / Getty Images

クリスマスを過ぎると食材の価格が上がりがちに。買い物が間に合わなければストックしてあるものでシンプルな鍋をつくったり、おせちを予約して家族で楽しめば外食より安上がりです。

③安い食材や店を知っておく

何度も買い物するうちに、この食品はこの店が安い!などどこで何を買うとお得なのかわかってきます。2、3店舗に絞り、使い分けるのが賢い方法。

istetiana / Getty Images

またロカリでも人気の業務スーパーを活用するのも手。長く保存できる乾燥パスタやハードチーズ、さっと食卓にだせるハンバーグや肉団子などをまとめ買いしてみましょう。

④予算を5週に分けてお買い物

食費の予算は5週分にわけて封筒に納めます。5つにわけると月初めと月末の日数が少なくなり予算に余裕ができるため、調味料や酒・乾物などを買うのが◎。お米は別予算にしておくと、続けやすくなります。

Peshkova / Getty Images
記事に関するお問い合わせ