無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エラ張りの悩みから解放♡「咬筋ほぐし」で小顔になれるってウワサ!

エラが張っているとお悩みの方へ、それは骨ではなく、エラにある「咬筋」という筋肉コリが原因かもしれません。そこで「咬筋ほぐし」をして小顔になる方法をご紹介します。

2018年1月
美容

エラはほぐすと小顔になれる?

骨ではなく筋肉なのがポイント

エラが張っていてお悩みの方はいませんか?エラが張ると顔が大きく見えますし、似合う髪型を探すのにも一苦労。骨が出ているから小顔にはなれないと思っていませんか?

Photo by Joshua Rawson-Harris / Unsplash

実はそれ、骨ではなくエラにある筋肉が凝っている可能性があります。そんなエラにある「咬筋」をほぐすことで小顔になれる「咬筋ほぐし」があるんです。

小顔になりたいなら「咬筋ほぐし」

咬筋とは?

咬筋というのは顔のエラにある筋肉で、歯を食いしばったり「いー」と言うとぼこっと浮き出ます。咀嚼したり、下あごを引っ張り上げる働きがあり、とても力が強い筋肉です。

咬筋のコリでどうしてエラ顔に?

エラ顔の原因は咬筋のコリだと言われています。理由は2つ。1つは咬筋がたくさん使われることで、筋肉が発達して大きくなり、エラが張って見えてしまうから。

Photo by Sawyer Bengtson / Unsplash

もう1つは、咬筋はとても力が強いので、つながっているあごを横に引っ張って、四角いフェイスラインになってしまうから。

だから「咬筋ほぐし」

Photo by NordWood Themes / Unsplash

咬筋が凝っているとこのエラ張り状態が続いてしまいます。そこで、筋肉をほぐすことでコリを解消すれば、小顔に導けるというわけです。

咬筋をほぐせば小顔+αな効果がある

頬骨のハリとサヨナラ

咬筋の上には、頬骨(きょうこつ)と側頭骨(そくとうこつ)という骨があります。頬骨はほっぺの前、側頭骨はほっぺの横にあり、咬筋ともつながっている骨です。

記事に関するお問い合わせ