無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今日から始める。お尻の“アンチエイジング”メソッド♡

お肌と同じように、お尻にもアンチエイジングが必要かも♡年齢と共にどんどん衰えてしまわないよう、しっかり今からケアをしていきましょう。後姿に自信が持てない方、必見です!

2018年1月
美容

いつまでも10代のようなお尻でいたい♡

ぷりっと上がったハリのあるお尻はみんなの憧れ♡女性としての魅力を格上げしてくれることはもちろん、普段のファッションにも自信を持てるようになります。

でも実際は、鏡を見てがっかり・・・なんて方も多いのでは?年齢を重ねるごとにたるみや肌のくすみなどが目立つようになり、なかなか美しいヒップを保つのは難しくなってくるのです。

このまま放っておいては、残念なお尻になっていく一方!早いうちからお尻のアンチエイジングを始めてみませんか?ここからは今日からできるスぺシャルメソッドをご紹介していきます。

ステップ1:筋肉をほぐす

お尻を触ってみて、ガチガチに固くなっている、冷えているという方は要注意。筋肉が凝り固まり、血行不良になっているサインです。放っておくとセルライトの原因にもなってしまいます!

まずは固くなったお尻の筋肉を揉んでほぐしてあげましょう。1日3~5回を目安に行ってみてください。マッサージするときには、太ももからお尻に向かって持ち上げるようにすると効果的です。

セルビューティーマッサージャー

ベス

¥ 702

凸型&ウェーブ型のリブで本格マッサージを可能に。クリームをつけてから使用しましょう。

商品詳細
セルビューティーマッサージャー
www.amazon.co.jp
商品詳細

ステップ2:垂れ尻を改善

まずは垂れてしまったお尻を正しい位置に戻すことから始めましょう。四つん這いで行うバックキックがおすすめです。

片脚ずつ、真っ直ぐ後ろに蹴りだしていきます。勢いに任せず、お尻の筋肉を使って脚を持ち上げるのがポイントです。左右各10回×3セット行いましょう。

ステップ3:ボリュームをアップ!

さらに、ボリュームのある真ん丸ヒップを目指すならスクワットを取り入れましょう!4秒かけて下がり、4秒かけて上がるスロースクワットで筋肉に刺激を与えていきます。

足を肩幅より少し広めに開き、つま先をやや外に向けます。骨盤を前傾させ、お尻を少しだけ後方へ突き出します。そのまま、太ももと床が平行になるまで腰を落としていきましょう。

お尻と太ももの裏に刺激を感じればOKです!膝がつま先より前に出ないよう気をつけて行ってください。10回×5セットを目安にしましょう。

負荷をかける

基本のスクワットに慣れてきたら、負荷をかけさらにボリュームアップ効果を高めましょう。

両手か片手にダンベルや分厚い本などを持ち同様に行います。無理のない重さから始めてみてくださいね。

タンパク質を摂取しましょう

トレーニングをしても栄養が足りていないと、お尻にボリュームを出すことはできません。食事にも気を配り、筋肉の元となるたんぱく質をしっかり補給しましょう!

脂質の少ない鶏むね肉、鶏ささみ、ラム肉、牛の赤身肉などがおすすめです。美しい肌や髪を作るのにも役立ちますよ。

ステップ4:保湿でツヤ尻に

ハリのあるお尻をキープするためには、保湿は欠かせません!乾燥を放っておくと、ごわごわと肌触りの悪いお尻になってしまいますよ。最低でも朝晩2回、たっぷり保湿して潤いのある肌をキープしましょう。

お風呂上がりには、身体が濡れた状態のままボディオイルを全身になじませます。その後、ボディクリームでしっかり蓋をすれば、肌触りの良いお尻が手に入りますよ♡

スウィートアーモンドオイル 200ml

無印良品

¥ 1,900

べたべたせず肌にスッと馴染みます。ポンプタイプならたっぷり入ってお得です。

商品詳細
スウィートアーモンドオイル 200ml
www.muji.net
商品詳細

ステップ5:お尻に力を入れる

老化は日々の積み重ねの結果。お尻を衰えさせないためには、何気ない習慣に気を付けることが大切です。気付いたときには、お尻の穴を締めるようにきゅっと力を入れてみましょう!

お尻に力を入れると、自然と姿勢が良くなり立ち姿が美しくなります。お腹の深層部の筋肉が働くので、お腹痩せにも効果あり。早速今から、お尻に力を入れてみて!

お尻のアンチエイジングを始めよう!

アンチエイジングのために努力をすれば、これから先もハリのある魅力的なお尻をキープすることができますよ。衰えてしまう前に始めることが大切!5年後、10年後も自信を持っていられるように♡

記事に関するお問い合わせ