無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痩せたいなら空腹はダメ!「間食と正しく付き合う」7つのヒント

世の中には様々なダイエット法がありますが、失敗する大きな要因は「お腹が空くことに耐えられない」こと。賢く間食をすれば、きちんと痩せることができるんです。

2018年1月
美容

ダイエット成功のカギは「間食」

ダイエットと聞いて思い浮かぶのは、運動や食事制限。でも、いきなり食べる量を減らせば体調を崩すおそれがある上に、空腹のまま激しい運動をしたらフラフラになってしまいます。

また、お腹が空き過ぎると料理をするのが面倒になり、外食や惣菜で食事を済ませてしまうこともありますよね。そこでおすすめなのが、総カロリー量を減らしながら食事回数を増やす方法なんです。

上手に間食をすればドカ食いをすることもなくなり、1日の摂取カロリーをコントロールすることがグッと楽になりますよ。それでは、痩せやすくなる間食のヒントをチェックしていきましょう。

①間食で摂りたい栄養素とは?

食物繊維&たんぱく質はマスト!

間食は、カロリーだけでなく内容にも注意しなければいけません。特に炭水化物と糖分が多めのお菓子はNG。普段の食事に加えて食べてしまうと結果的にカロリーオーバーになってしまいます。

Photo by Brooke Lark / Unsplash

間食で上手に痩せるためには、腹持ちの良い食物繊維とたんぱく質を摂取しておくことが必須条件です。食物繊維はドライフルーツやアーモンド、たんぱく質は大豆製品や乳製品に豊富に含まれていますよ。

②おすすめのメニューとは?

噛み応えのあるものがイチオシ!

手軽に用意できる定番メニューといえば、ナッツ類やフルーツ。その他脂肪分が少ないプレーンヨーグルトやカッテージチーズにシナモンを振ったもの、ゆで卵や豆腐もおすすめです。

さらに枝豆やアボカド、ノンフライの野菜チップスなども、とってもヘルシー!ポイントは、できるだけ噛み応えのあるものを選ぶこと。飲み物など噛まないものは、消化が早いのですぐにお腹が空いてしまいます。

レシピ レンジで簡単♡揚げない野菜チップス

③無意識に食べない

集中することで満足感アップ♡

間食は仕事の合間に少しつまんだり、テレビを見たりしながら食べるものだと思われがち。しかし食べることに集中していないと満足感を得られず、またすぐに何か食べたくなってしまいかねません。

仕事が忙しいときでもせめて5分はパソコンから離れて、自分が今食べている物をしっかり見るようにしてみてください。さらに間食とコップ1杯の水をセットにすれば、お腹が膨れる上に水分補給もできますよ。

④運動はいつするべき?

間食1時間後がベスト!

食事をした直後の激しい運動は腹痛の原因になりますが、お腹が空いていると疲れやすくて頑張れませんよね。ベストなのは、間食1時間後。筋肉作りのためにも、たんぱく質を少し多めにしておくとさらに良いでしょう。

⑤頑張り過ぎない

コツコツ続けることが一番大切

毎日何を食べるのか考えるのも間食の楽しみの1つですが、準備が大変だと挫折するのは当然です。忙しい日まで、わざわざ何かを買いに行ったり作ったりする必要はありません。

Photo by Dan Gold / Unsplash

例えばお昼のお弁当や、昨日の夕飯の残りを少し食べるだけでも十分。確かにお洒落な間食があると気分が上がりそうですが、頑張り過ぎずにコツコツ続けることが何よりも大切です。

ストレスフリーで痩せられる♡

上手な間食は、空腹によるイライラや集中力低下を防ぐ効果あり!ダイエットが成功するだけでなく、仕事や家事もきちんとこなせるようになりますよ。

痩せたい!と思ったら、とにかく食べる量を減らすのではなく「食べるタイミング」について考えてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ