無料の会員登録をすると
お気に入りができます

チェックリスト診断つき♡将来の妊娠・出産に備える「プレコンセプションケア」って?

結婚している人もまだ独身の人も、将来の妊娠・出産に備えて知っておくべきことがあります。世界的に注目が高まっている「プレコンセプションケア」の重要性や、自分でできる対策について、国立成育医療研究センター 母性内科 医長の荒田尚子先生にお話を伺いました。

2018年2月
ライフスタイル

妊娠・出産で大きく変化する女性の体

妊娠適齢期の女性に必要な「プレコンセプションケア」って?

20代・30代の女性にとって、キャリアやライフプランを考える上でとても重要になってくるのが結婚・妊娠・出産のタイミング。将来、子どもを産み育てるかどうかは個人の生き方の選択に委ねられるものですが、いろいろな可能性を残しておきたいとも思いますよね。

日本を含む先進国で、女性の社会進出にともない初婚年齢や初めての出産年齢の平均が上昇しています。そのため、高齢出産や早産のリスク比率が高まっている状況を変えるために、2006年から海外では、米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention:CDC)や世界保健機関(World Health Organization: WHO)などが「プレコンセプションケア」を提唱しています。

なぜプレコンセプションケアが必要なの?

プレコンセプションケアとは、将来の妊娠を考えた上で、自分の生活態度を管理し、健康な生活習慣を身につけるために必要なケアのことを言います。妊娠を考えている女性だけでなく、すべての女性にとっても大切なケアなんです。

日本でも2015年に国立成育医療研究センターが「プレコンセプションケアセンター」を開設し、徐々に注目が高まっています。今回は同センター 母性内科 医長の荒田尚子先生に現代女性に必要なプレコンセプションケアについて教えていただきました。

プレコンセプションケアセンター 公式サイト

健康状態や生活習慣は大丈夫?プレコンセプションケア・チェックシート

実際にプレコンセプションケアセンターの検診でも使われているチェックシートを元に、自分の現在の健康状態や生活習慣についてチェックしてみましょう。中でも、将来の妊娠・出産にあたって気をつけておきたい項目を荒田先生に解説していただきました。

国立研究開発法人国立成育医療研究センター

①過度なダイエットは危険!適正体重をキープしよう

日本では20代女性のうち20.7%が「痩せ」に該当し、肥満も9.5%になっています。先進国で痩せ体型の人が増えているのは日本だけです。痩せすぎの妊婦さんは妊娠中の体重増加も十分でなく、早産や低出生体重児の出産が増えることがわかっています。早産で生まれたり、赤ちゃんの出生体重が小さいと、赤ちゃんの将来の生活習慣病や冠動脈疾患のリスクが高くあると言われています」

※参考データ 厚生労働省 平成28年「国民健康・栄養調査」P16,17

②ワクチン接種をしよう

「現在、40歳手前の世代が風疹ワクチンを受けていない世代なのですが、その影響もあって、とても風疹の患者が増えているんです。自分の体を守るためにはワクチン接種をおすすめしています。受けたことのある人も、風疹の抗体を持っているかどうか調べた方が良いでしょう」

記事に関するお問い合わせ