無料の会員登録をすると
お気に入りができます

太脚にサヨナラ!美脚をつくる“内転筋”を鍛えよう♡

脚が綺麗な女性は必ずといって良いほど、脚を閉じて座ります。それは“内転筋”が鍛えられているからなんです。いつも脚が開いてしまう方は内転筋が衰えて、不細工足になっているのかも。内転筋を鍛えて美脚を目指しましょう!

2015年1月
美容

美脚になれる筋肉「内転筋」!

スラッと真っ直ぐにのびた、程よく細くて綺麗な脚。とっても憧れますが、実はその美脚作りに欠かせないのが「内転筋」という筋肉なんです!

api.shopstyle.com

内転筋ってどこ!?

内転筋はさまざなな部位があるので、まとめて“股関節内転筋群”とも呼ばれています。内もも全体にあり、骨盤ともつながっているため、内臓や下半身全体に影響を及ぼす筋肉です。

Nanami Imaoka on Instagram: “【 #ナナミのボディメイク】#3 《 なんだかんだで3日目 》 ・ ・ 快挙🎉 3日達成🤣ヘナチョコ筋トレだけど、すでに二の腕筋肉痛⚡️ 嬉しい♥️筋肉痛好きな人っているかな? ナナミ筋肉痛すき🤤♥️ いたーいって言いながらめっちゃ揉む🤤わかる?笑 ・ ・ ・…”
instagram.com

内転筋が衰えると…?

太ももが太いのが悩み!という女性は多いですよね。実は内転筋が弱くなることで、内ももにお肉がつくことはもちろん、骨盤への影響で身体の歪みや、代謝不良、便秘なども引き起こす原因になっているんです。下半身全体が太くなる元凶だと言えます!

内転筋が弱い女性が増加中!

現代女性の多くが、内転筋が弱くなっているといいます。もし、椅子に座る時にいつも膝を離して、足首をクロスさせているようであれば危険です。脚を閉じて、膝をつけた姿勢をしているのがキツイようであれば、確実に内転筋が衰えています…。

内転筋を鍛えると美脚になれる!

内転筋を鍛えることで、内ももが引き締まり太ももが細くなることはもちろん、骨盤を下からしっかり支えられるようになるので、下半身太り、O脚の改善にもなります。さらに、内転筋によって、骨盤と内臓が正しい位置に戻れば、代謝が整い、痩せやすい身体に!下っ腹がぽっこり…ということもなくなります!

骨盤底筋の働きを助ける!

美しいボディラインには欠かせない「骨盤底筋」の真下に位置しているため、これを支えるのに大切な役割も果たしています!内転筋を鍛えることで、骨盤底筋の働きを助けることができるのです!

内転筋の鍛え方♪

ステップ1:足を閉じて座る

まずは、初級編からご紹介。膝を閉じて、背筋を伸ばして座り、それをひたすらキープします。それだけで、内ももが引き締められ、骨盤、腹筋にも良い効果が!10分も続かない人はだいぶ衰えているので、まずは意識的に習慣にしてみましょう!

記事に関するお問い合わせ