無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちゃんとリフレッシュしたい!働く女性の休日の過ごし方

休日は何をして過ごしていますか?ただ何となくダラダラいているだけだと、思ったより疲れも取れず、休み明けが憂鬱になってしまいます。働く女性の休日の過ごし方、そのコツを紹介します。

2018年1月
ライフスタイル

ダラダラ休日に後悔していませんか?

休日は何をして過ごしていますか?休みに入ってから、さて、何をしようかな?と考えながら過ごしていたら、結局何もせずに終わってしまった。そんな後悔をしたことがある人も多いのでは。

pixabay.com

自分で自由にできる休日は、前もっていくつか計画を立てて過ごし方を工夫すれば、後悔せずにしっかりと疲れを癒すことが出来ますよ。休日をしっかりリフレッシュするコツを紹介します。

次の週末、何しようかな?

www.pexels.com

まずは、休みの数日前から、次の週末に何をしようかな?とイメージしておきましょう。アバウトでいいので予定を考えて、候補を絞っておきます。そうすると不完全燃焼の休日とサヨナラ出来ます。

土曜日はのんびりペースで

Photo by Anthony Tran / Unsplash

土曜日は徹底的に仕事のことは忘れてすごしましょう。仕事熱心な人や真面目な人ほど、休日も仕事のことが気になって頭から離れないかもしれませんが、中途半端は後悔のもと。忘れて楽しむことが大切です。

①プラス2時間の睡眠をとる

忙しい日々を終えやっと来た休日ですから、朝寝坊もありです。つい仕事で無理をしてしまったり、寝不足だったり、疲れも溜まっているはず。疲れをとるには睡眠が1番の薬です。

picjumbo.com

寝る時間を2時間ほど多めにとって、疲労回復に専念しましょう。

②掃除をする!

土曜の朝は、平日にできなかった家事をチョチョイとしてしまいましょう。掃除・洗濯・アイロンがけなど普段忙しくて手がかけられなかった部分をフォロー。気持ちもスッキリしますよ。

③ためているドラマや映画をみる

お掃除が終わったら、あの続きはどうなったかな?とワクワクしながらずっと撮りためていたドラマや映画、バラエティなどの番組を見たり、映画を3~4本レンタルしてきて一日を過ごすのも、もちろんありです。

www.pexels.com

気になっていた好きな本をじっくり読めるのも休日ならでは。新しいゲームの攻略に燃えるのもステキです。お菓子と飲み物をしっかり用意して至福の時を!

④習い事を入れる

www.pexels.com

語学の勉強や、資格取得のための時間を確保するのも充実感が得られます。お料理教室、茶道や華道、書道やお香、ヨガ、ピラティスなど。落ち着いて自分を見つめられる習い事を取り入れると、一週間の疲れを癒してくれそうです。

⑤休日だけいくお店にいく

www.pexels.com

週末だけ行くお店や飲み屋さんを決めましょう。平日と休日でリラックスできる場所を変えることで、体も心も休日を実感できます。ゆっくり食べたり飲んだりしながら、残りの休みの過ごし方を決めましょう。

⑥プチ旅行にいく

picjumbo.com

ちょっといつもと環境をかえて、日帰り温泉やプチ旅行に出かけるのもリフレッシュになります。遠い旅行で予定をびっちり入れるのではなく、あくまでもゆったりペースがポイント。レンタカーでドライブなんていうのもいいですね。

日曜日は活動量をアップ

日曜日はのんびり土曜日より、少し活動量をアップして体に軽く刺激を与えるとメリハリがつきますよ。

①体を動かして汗をかく

のんびり土曜日と違って、日曜日はいつも通りに起床します。そして近所をジョギング、スポーツセンターでマシンを使って汗をかいたり、水泳をしたりなど体を動かして汗をかきましょう。

picjumbo.com

体を動かすことで充実感が得られるうえ、ストレス発散効果もあって気持ちがスッキリ!

②家だからこそ!に燃える

家にいるからこそできる!ということに時間を使うのもリフレッシュになります。

picjumbo.com

普段あまりしない自炊で、おいしいお料理を自分のために作る、ずっとしたかった断捨離をする、普段できなかった部分のお掃除をする、などなど。普段から気になっていたことを解決できて気持ちが楽になってきますよ。

③仕事以外の世界をひろげる

趣味や習い事関係の買い物もおすすめです。興味のある美術館・博物館めぐりなどアート鑑賞も世界が広がります。

www.pexels.com

同じ趣味の人たちと交流してみるのも良いかもしれません。例えば美術館などにみんなで展覧会を見に行った後、カフェで語り合うというのも楽しそうですね。

④やり残した仕事もOK

picjumbo.com

先週、やり残した仕事や来週の準備などがあれば、日曜日にまとめて取り掛かります。ダラダラ取り掛かるのではなくて、午後7時から9時までの間にする、など時間を設定して取り掛かるのがコツ。

⑤週始めシミュレーションで不安解消

Photo by Lili Kovac / Unsplash

週明けの月曜と火曜の仕事のシミュレーションを軽くしておくと、来週の予定が立てやすくなります。週明けからの仕事に不安を感じることも少なくなるので、余裕を持って一週間をはじめることが出来ます。

⑥寝る前には明日の支度を

Photo by tu tu / Unsplash

日曜の夜は、明日の洋服とかばんを用意して準備万端に。朝の限られた時間を焦ることなく過ごせるので、安心して眠りにつくことができますね。良い睡眠をとると、朝も段取りよく過ごせるようになります。

さあ!リフレッシュできたぞ!

www.pexels.com

休日を楽しんだ後は「ああ、充実した休日だった。色々できたし満足、満足!」とポジティブ思考で眠りにつきましょう。そうすると、質の良い睡眠を確保できて、スッキリと目覚めることができるはず。休日を使ってばっちりリフレッシュしてくださいね!

記事に関するお問い合わせ