無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肩の力を抜こう♡ストレスフリーな人が実践していること8選

「辛いことが多くてイライラしているのに、何であの人は毎日楽しそうなんだろう」と思ったことはありませんか?その違いは元々の能力や環境ではなく、ちょっとした心がけ。そこで今回は、そんなストレスフリーな人たちが実践していることをご紹介します。

ライフスタイル

あの人が毎日幸せそうなのは何故?

毎日仕事やプライベートで忙しくしていると、ストレスは溜まっていくばかり。もっと心にゆとりが欲しいと思っても、ついイライラしていませんか?

Photo by Jordan Bauer / Unsplash

しかし、私は元々こういう性格だから...と諦めてしまうことはありません。心がけ次第で、今の生活のまま笑顔を増やすことはできますよ。その心がけをチェックしてみましょう。

①毎日同じことを繰り返す

例えば毎日同じ仕事ばかりを繰り返すのはちょっと退屈ですが、ドキドキしたり戸惑ったりすることも少ないはず。日常生活も同じようにルーティン化させる方が、精神的な負担がグッと軽くなるんです。

まずは朝食のメニューやメイクの手順など、朝起きて家を出るまでにすることを毎日同じにしてみてください。忘れ物をすることが減り、仕事に対する集中力が高まるかもしれませんよ。

②常に「プランB」を考えておく

ストレスを溜めやすい人とそうでない人の違いは、予想外のことが起きた時の対処の仕方にあります。毎回パニックになっていたら、疲れが増すのは当然ですよね。

www.pexels.com

きちんと予定を立てていても、体調不良などで変更せざるを得ないことは誰にでもあります。もしものために「プランB」の予定を立てておくと、何があっても慌てずに済みますよ。

③マルチタスクをしない

仕事も家事も完璧にこなせる女性には憧れますが、2つ以上のことを同時進行させるのはおすすめできません。複数の作業に同じぐらいの集中力を注ぐのは難しいことですよね。

Photo by Andrew Neel / Unsplash

例えば仕事でレポートを書く合間にメールの返信をするのではなく、1つずつ片づけるようにしましょう。さらに終業後に頭を切り替えるために、スイーツを買うなどのささやかな楽しみを用意しておくと良いですよ。

④スケジュール作りは余裕を持って

仕事でもプライベートでも計画を立てることはもちろん大切ですが、前日夜に準備を終えるようなギリギリのスケジュールではダメ。予定をこなせたとしても、ストレスが溜まってしまいます。

www.pexels.com

スケジュールを決めるときは、息抜きの時間も含めておくことが必須です。さらにひと仕事終えた後は、自分にちょっとしたご褒美をあげることも忘れないでくださいね。

記事に関するお問い合わせ