無料の会員登録をすると
お気に入りができます

変顔しながら化粧水?美肌のための意外なテクニック8選

肌が美しいと、年齢より若く美しく見えます。そんな美しい人たちの美肌テクニックの中には、実は意外なものも!美肌のためのテクニックを8つご紹介します。

美容

3.タオル・服は肌に優しい素材に

シルクorオーガニックコットン

洗顔して、入浴して、手を洗って…といろんな場面でタオルを使います。肌に直接触れるものなので、布地の質が悪いと肌が荒れる原因に。美肌の方は肌に触れるタオルや服の素材にもこだわっているようです。

おすすめ素材はシルク。人間の皮膚の成分に近く、第二の皮膚とも言われることも。保湿性に優れていて、柔らかな素材で肌にも優しいです。

Photo by Yoann Boyer / Unsplash

また、オーガニックコットンも肌に良い素材です。普通のコットンとの違いは、無農薬で育てられて、加工にも化学的な薬剤を一切使っていないこと。デリケートな肌を優しく包んでくれます。

4.ティッシュをフル活用

「洗顔後」「メイク時」「メイク直し」

ティッシュをフル活用すると美肌作りに役立つことをご存じですか?まず、洗顔後はタオルではなくティッシュオフ。タオルよりも摩擦を少なくすることができそうです。またティッシュなら毎度新しくて清潔ですし、こすらずのせれば肌にも優しいです。

スキンケアしたあと、肌に残った余分な乳液などは、ティッシュオフすることでメイク崩れを防げます。ベースメイクをした後にもティッシュオフすることで、肌が均一でよりなめらかになりそう♡

日中にメイク直しするときは、テカリをティッシュでオフしてから行いましょう。ティッシュは柔らかな素材なので、肌への負担が大きくないのです。

5.お肌に良い栄養をチャージ

ビタミンCと鉄分も忘れずに

「美肌のためにはコラーゲンが良い」と聞いたことはありませんか。コラーゲンは組織をつなぐのに大切な成分で、骨や皮膚には欠かせません。

しかしコラーゲンを摂取しても、再び体内でコラーゲンに再合成されるかどうかは定かでないため、摂取したもの全てが皮膚のコラーゲンになるとはかぎりません。

食事で美肌を目指すなら、肌に必要なたんぱく質やコラーゲン合成に役立つビタミンC、肌の血色UPを助ける鉄分を摂るのがオススメ。お肌に良い栄養をチャージすることで美肌へと一歩近づけそうです。

記事に関するお問い合わせ