無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「#腹筋女子」で話題の美女トレーナー直伝♡毎日10分の「美ボディメソッド」

新年になり、今年こそカラダを絞って心身ともに美しくなりたい!と考えている方も多いのでは。そのためには、正しい運動と食事の知識が欠かせません。今回は、先日発売された書籍『#腹筋女子』でも話題の美女トレーナー・山崎麻央さんに自宅トレーニングのコツを教わりました。

2018年1月
美容

今年こそカラダを変えたい...!

1年でもっともモチベーションの高い1月がトレーニングのはじめどき

新年を迎えて、これまでとは違う自分に生まれ変わりたい!と決意を新たにしている人も多いのでは。特に、年末年始で食べ過ぎてしまった人は、ボディメイクへのモチベーションが高まるタイミングでもありますよね。

スポーツジムに入会するのもいいですが、手軽に始められる宅トレからまずはスタートしてみませんか?今回は、モデルからの信頼も厚い美女トレーナー・山崎麻央さんに必ず結果の出る「美ボディメソッド」を教わります!

完璧な美ボディが憧れ♡山崎麻央さん

すらりと伸びたまっすぐで美しい脚、引き締まった二の腕にキュッとくびれたウエスト...全女性の憧れる美ボディを持つ山崎麻央さんは、なんと二人のお子さんのママでもあります。自身の出産、産後の経験をもとにオープンした「ソラーチェ代官山」で加圧、ピラティスの指導を行い、多くの女性たちの体のケアを手がけています。

山崎麻央さん プロフィール

ソラーチェ代官山主宰。加圧、FTPピラティスインストラクター。
慶応義塾大学卒業後、外資系IT企業に10年間勤務。出産を機に退職し、加圧トレーニングやピラティス、インディバ、食カウンセリングほか、多角的に体のケアを行うプライベートスタジオをオープン。自ら指導を行うほか、セミナー講師、雑誌や書籍の監修等でも活躍。

山崎さんの主宰するスタジオ「ソラーチェ代官山」

#腹筋女子 お腹が割れたら人生変わった!

山崎麻央 監修

¥ 972

インスタグラムで話題の「#腹筋女子」のリアル腹割りエピソードの他、山崎さん監修の腹筋を中心としたインナーマッスルを鍛えるメソッドや健康・美容に関するコラムを多数掲載。

商品詳細
#腹筋女子 お腹が割れたら人生変わった!
www.amazon.co.jp
商品詳細

山崎さん直伝!美ボディを作る基礎知識

①運動と食事は必ずセットで考えよう!

運動は食事も含めて運動と考えましょう。筋肉をつけるために必要な食事、特にたんぱく質が足りないと、どんなに運動しても自分の筋肉を破壊したエネルギーになってしまいます。ダイエット中の女性によくあるのが、食事を制限して運動して、余計に筋肉量を減らしてしまうケースです。

必要な栄養をきちんと取って運動しないと、やればやるほど筋肉が減り、元の食生活に戻すと、筋肉量が減っているのに食事の量が増えるという悪循環になってしまいます。

たんぱく質量不足に気をつけて!

通常、たんぱく質は体重の1〜1.2倍量(体重1kgあたり1gと換算)必要とされていて、筋トレや運動をするなら1.5倍くらいは必要です。妊娠中や授乳中も通常よりは多く取ったほうがいいんですよ。

②トレーニングの前に深い呼吸法を覚えよう

現代人は、男女ともに呼吸の浅い人が増えています。呼吸が浅いと睡眠の質が悪くなったり、自律神経が乱れてそれがストレスを引き起こすという悪循環になります。同じ姿勢をずっととることで肋骨の間の筋肉が固くなり、そこにある横隔膜の動きが制限されるんです。そこで、肋骨の間の筋肉を鍛えて柔らかくしてあげると呼吸も深くなります。呼吸法を動きと一緒にマスターすると、そんなにトレーニングしなくてもある程度の腹筋は作れるんです。

③冷えは絶対禁物!一年中「腹巻」でめぐりのいいカラダに

日常生活で気をつけたいのは体を冷やさないこと。特に、お腹が冷えていると内臓の働きや代謝が鈍り、便秘体質でめぐりの悪いカラダになってしまいます。自社開発した「ビオンヌ コアウォームシェイパー」は、遠赤外線効果のある生地を使用していて体の芯からポカポカになるので毎日着けています。トレーニング中に着用するのもおすすめです。

ビオンヌ コアウォームシェイパーの詳細

成功者続々♡山崎流「美ボディメソッド」

山崎さんが監修した書籍『#腹筋女子』の出版にあたり、運動と食事を指導したモニターの方は全員確実に成果が出ているそう。今回は、山崎さんが編み出したメソッドの中から基本の呼吸法とトレーニングの一部を紹介します。書籍にはこのトレーニングの全貌と美ボディのためのコラムが満載。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

トレーニングの基本は「整える」「ほぐす」「鍛える」の3STEP!

①基本の呼吸

トレーニングの効果を最大限に引き出すには、正しい深い呼吸が欠かせません。肋骨に両手を添えて鼻から5秒間かけて息を吸い、肋骨をぎゅっと締めるイメージで口から10秒かけて息を吐きます。これを繰り返すことで深い呼吸が身につくようになります。

②背筋トレーニング

年齢は背中に出るので、背中が丸くなってくると老けて見えます。肩甲骨と背骨の両側にある筋肉を鍛えると、背骨の間に溝が入ってきます。背筋は大きな筋肉なので、鍛えると基礎代謝が上がって太りにくくなりますよ。私は腹筋をやる前に背筋のトレーニングを必ず行います。背筋と腹筋はセットで行うほうが効果が高いです。

③脚上げ腹筋トレーニング

女性の場合は下腹のインナーマッスルと骨盤底筋が特に大事です。くびれなどは見た目の問題ですが、骨盤底筋は内臓を支えている筋肉なので、見た目にかかわらず誰でも鍛えたほうが良いです。ここの筋力が弱いと、尿漏れしたり内臓の動きも悪くなります。下腹のインナーマッスル(腹横筋)を鍛えていくと、お腹がペタンコになるので、結果的に見た目も良くなります。

トレーニングは、歯磨きと同じで、無意識に体が動くくらい習慣化するのがいいですね。毎日決まった時間にルーティンとして組み込むのが続けるコツです。完全に胃の中が空っぽの状態でトレーニングすると血糖値が下がってしまうので、朝起きたら、軽く食事を取ってやっていただくのがベストかなと思います。

これなら続く♡美ボディメソッド

今回紹介したトレーニングは省スペースでできるものばかり。椅子に座ってできるものもあるので、デスクワークの休憩時間など、わずかなスキマ時間でもできることをやるのが成功するコツです。1ヶ月でも、確実に体は変わります。体が変わると、自信がついて人生も変わります!新年の習慣に、ぜひ加えてみてくださいね。

トレーニング監修/山崎麻央 撮影/千々岩友美 取材・文/LOCARI編集部

記事に関するお問い合わせ