無料の会員登録をすると
お気に入りができます

感情を引きずるのはもう嫌!気持ちをすっきり切り替える方法10選

ライフスタイル

3.気持ちをポジティブ転換

自分の心の重さを取り除けるかも

感情をある程度出し切ったら、マイナスな感情のひとつひとつをポジティブに切り替えてみましょう。

Photo by Hybrid / Unsplash

・「たくさんミスした」→「打開策を見つけられる」「次につながる」
・「失恋をした」→「新しい恋愛ができるのが楽しみ」「もっと良い人に出会える」
・「人に傷つけられた」→「自分はそうならない」「人に優しくなろう」

マイナスな気持ちも、見方を変えれば自分のためになります。あなたにとってプラスになるきっかけかもしれません。

4.“自分の”予定をいっぱい詰め込む

考える時間がないほど忙しくする

考える時間があるからこそ気持ちを引きずってしまいます。そこで仕事もプライベートも予定を詰め込んで、考える時間がなくなるほど忙しくすれば、感情を引きずらなくて済むでしょう。

Photo by Jazmin Quaynor / Unsplash

ここで大切なのは“自分の”予定であること。他人のために何かをするのは立派ですが、心が弱っているときは「他人に左右されている」ような気持ちになってしまいがち。自分のために行動するのが大切です。

5.一日の終わりに「3つの幸せノート」

「良い一日だった」と思わせる

どんなに忙しくても、例えば寝る前など時間に余裕ができると、ふと嫌な気持ちを思い出してしまうことがあります。そんなときに試してほしいのが「3つの幸せノート」。

Photo by STIL / Unsplash

一日の終わりに、その日あった“幸せなこと”を3つノートに書き出すのです。たくさん嫌なことがあっても、3つも良いことがあったと思えます。終わりよければ全てよし。一日の終わりに「良い一日だった」と思えると気持ちも前向きになれます。

6.気持ちの切り替えスイッチを作る

好きなことリストを用意する

気持ちを切り替えたいときは、自分にとって心地良いことで心を穏やかにするのも良いでしょう。そこで、自分の好きなことをリスト化しておいて、ツライときに実行してはいかがでしょうか。

例えば、温泉に入る、好きな香水のにおいを嗅ぐ、大好きなアーティストの曲を聴く、ショッピングする、スイーツを食べる、友達と外食、お酒を飲む、コーヒーを飲むなど、自分にとって好きなことを挙げておくのです。

記事に関するお問い合わせ