無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたは「油太り」OR「糖太り」?ダイエット前に知っておきたいチェックリスト

流行りのダイエットを始めても、なかなか結果が出なかったり、自分の体質を知らないまま「何をしても太りやすい」と誤解したりしていませんか?今回は、「糖質太り」か「脂質太り」かをチェック出来るチェックリストをご紹介します。

2018年1月
美容

太り方にも理由がある!

「ちょっと食べ過ぎちゃった」「ダイエットしたいけど、何があってるのか分からない」と感じている人はいませんか?今回は、ダイエット前にチェックしたい!「油太り」OR「糖太り」チェックリストをご紹介します。

Photo by Yoann Boyer / Unsplash

「油太り」チェックリスト

・和食よりも洋食派。
・腰回りがガッチリしている。
・揚げ物、スナック菓子が好き。
・和菓子よりも洋菓子が好き。
・脂っこいものを食べても、胃腸がもたれにくい。
・おつまみは、揚げ物が好き。

www.pexels.com

「油太り」のダイエット

「油太り」の原因になるのが、脂質の摂り過ぎ。脂っぽいものばかりを好んでしまうだけでなく、胃腸が強い人は、胃がもたれたりしない分、つい食べ過ぎてしまったりしがちなんです。

www.pexels.com

①「油」を意識する

身体に入る油や、料理に使う油を意識していますか?サラダ油やごま油だけを使っている人は、ココナッツオイルやオリーブオイルなどにもトライしてみましょう。料理だけでなくドレッシングなどにも使える油は、料理の幅を広げてくれます。

www.pexels.com

オリーブオイルやココナッツオイルは「エクストラバージン」がおすすめ。最近では「亜麻仁油(アマニオイル)」に含まれるDHAやEPAには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きが期待されるといわれ、大注目されています。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

②「カロリー」をチェック

「カロリー」は食生活の改善には欠かせないキーワードです。カロリーが高い食べ物=脂質を多く含んでいるものも多く、脂質量やカロリーはメニュー選びの目安になるので、意識してチェックしてみましょう。

③食べ合わせでヘルシーに

脂質をエネルギーに変えてくれるのを助けてくれるのがビタミンB2。レバー、うなぎ、納豆などの豆類、舞茸などのきのこ類等に特に多く含まれています。

oceans-nadia.com
記事に関するお問い合わせ