無料の会員登録をすると
お気に入りができます

フレンチとインドのコラボレーション『グッドラックカリー』のカレーパン|by PARISmag

毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARISmag(パリマグ)から、恵比寿で人気のカレー店「GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)」をご紹介します。

ことりっぷ編集部

グルメ

毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARISmag(パリマグ)から、恵比寿で人気のカレー店「GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)」をご紹介します。

PARIS mag パリマグ http://parismag.jp/

食のエンターテインメントタウン、恵比寿。賑やかな西側エリアを背に、山手線沿いを渋谷方面に進んだ比丘橋近くに、今回お邪魔する『GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)』があります。

看板はこの2つだけ。お見逃しなく!

雑居ビルの2階へ上った先にある店舗は、一見カレー屋とは思えない佇まい。しかし店内に漂う芳醇でスパイシーな香りはまさにカレー屋さん!

フレンチシェフがなぜカレー屋さんに?

「もともとカレー屋はずっとやりたいと思っていたんです。カレーってたくさん種類があるのに、『カレー』という言葉で一括りにされがちなんですよね。だから自分たちが本当においしいと思えるカレーを提案していきたいと思い、このお店を始めることにしました。

カレーはフレンチと同じくダシがポイントになる料理なんですよ。うちのカレーは南インド系と呼ばれているルーを使わないカレーなので、ダシがすごく重要。また、『Ata』は特別な日に利用してくださるお客さんが多いのですが、デイリーに使えるお店もやりたかったんです。日常に近いものをと考えたら、やっぱりカレーだなと(笑)」。

10席だけの“秘密基地”的なお店は、スタッフだけでリノベーションしたのだそう!

2017年5月にオープンしたばかりなのに、毎週通ってくれる常連さんがいます。すでに街の風景にとけこんでいるようです。ところで『Ata』は魚介を中心としたビストロですが、『グッドラックカリー』のカレーも魚介エッセンスが入っているのでしょうか?

「魚介だけじゃなく肉のカレーも豆のカレーもあるんですけど、看板メニューにもなっている『エビカレー』はお客様からもご好評いただいています。このエビカレーにはオマール海老の頭からダシをとったビスクとブイヤベースを使っているんです。そういう意味で『エビカレー』はビストロのエッセンスが入っていますね」。

『グッドラックカリー』のカレーには掛川さんのフレンチシェフスピリットが息づいています。

色鮮やかなカレーはフォトジェニック! 器は京都の窯元で焼いてもらったら特注品

フレンチの技法を使いながら、独自のコンセプトを大事にしているという掛川さん。それは店内のインテリアからBGM、食器やメニューのラインナップにまで感じられます。

コトコト煮込まないカレー!?

『グッドラックカリー』のカレーには“煮込まない”という特徴があります。

「煮込まないというとお客さんから『生煮えなんじゃないの?』と言われることもあるんですけど(笑)。そうじゃないんです。煮込みすぎないことでスパイスの香りを最大限に活かしています。カレーは煮込めば煮込むほどおいしくなると思われがちですが、僕はそうじゃないと思っています」と掛川さん。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ