無料の会員登録をすると
お気に入りができます

喧嘩した!彼氏と上手に仲直りする愛され彼女の5つの優しさ

交際中の彼氏と喧嘩をしてしまったら、なんとなく謝るのはやめましょう。喧嘩がきっかけで二人の仲が更に深まるように、彼とこんな風に歩み寄ってみます。すると、彼はもっとあなたのことを大事にしたくなるでしょう。大人の女の優しさを感じさせる5つの行動をご紹介します。

2018年1月
恋愛・結婚

彼氏と喧嘩しちゃった

仲直りにはどうしたらいい?

交際中の彼と些細なきっかけで喧嘩をしてしまった場合、とりあえず「ごめんなさい」と謝まっていませんか?彼と仲直りをするのを優先し過ぎて、彼の本音をないがしろにしてしまっているかもしれません。

愛される女性は、喧嘩の仲直りの仕方もとても上手です。謝ることは簡単だけど、それよりも二人の心がもっと通い合うような関係にしていきたいですよね?5つの会話のポイントを意識してみてください。

①少しそっとしておく

高ぶった感情を冷静にさせる時間が大事

カッとなって喧嘩をしてしまった場合、感情を相手にぶつけてしまいかねません。喧嘩をして相手に腹が立っても、相手を傷つける必要はありません。まずはお互いの熱くなった感情が冷めるまで待ちましょう。

イライラしても、何も相手に言わずに15分だけ感情を我慢してみましょう。感情的になって、相手を傷つける発言はその後の二人の関係を悪くしていきます。彼が怒っている場合も少し離れて、そっとしておいてあげましょう。

②彼の好物を作ってみる

満腹になると、イライラがおさまるかも

彼と少しだけ離れている間に出来ることがあります。二人で同じ部屋にいたり、同棲をしている場合には彼の好物を用意してあげましょう。イライラしている時に彼に優しくするのは難しいかもしれませんが、一歩大人の優しさを見せることが大事です。

Media?size=l
instagram.com

お腹が空くとイライラしてしまうタイプの人もいるので、まずは胃袋を好きな食べ物で満たすことも大事です。温かくて美味しい物を食べた後は、なぜ怒っていたのかわからないくらい、気持ちが落ち着いているかもしれません。

③部屋を温めておく

寒いと、心まで冷え切ってしまうから

冬の寒い季節だと、心まで冷え切ってしまいそうになります。寒い場所で喧嘩をした場合には、まずは暖かい場所に移動したり、暖房をいれましょう。意外に思えるかもしれませんが、環境によって案外簡単に気持ちは変わるものです。

体を温めると、気持ちも温かくなっていきます。怒っている時には、居心地の良い環境作りまで頭が回らないかもしれませんが、そこはあえて環境を変えていきます。効果がありますよ。

④喧嘩の件は一旦話さない

一気に解決しようとしない

何が原因で喧嘩をしたか、あなたの意見はどうなのか、怒っている時には、そればかり気になってしまいますよね。感情的になっている時には、なかなか良い解決法が出ないものです。一気に問題を解決しないことです。

長く積み重なった不満は、一瞬で解決できるものではありません。まずは気持ちを落ち着けて、話し合いがきちんと出来る状況にまで持っていくことを大事にしましょう。彼がご機嫌で冷静な時に、話し合いをする方が良い解決策は生まれます。

⑤彼の本音を引き出す

あなたの意見より、まず彼の意見を尊重してみる

感情的になると、自分の意見ばかり主張したくなりますよね。話し合いで大事なのは、相手の本音を引き出すことです。男性は本音を言葉にするのが苦手な人が多いです。ゆっくり優しく、彼の本音を引き出すように心がけましょう。

「ちょっとイライラしちゃってごめんね。何であんなにイライラしちゃったんだろう」とゆっくり甘えた口調から喧嘩の本質に入れば、彼もあなたに謝まりやすくなります。彼が本音を打ち明けやすくしてあげましょう。

喧嘩を仲良しのきっかけにしよう!

喧嘩がきっかけで、二人の関係がより深まることもあります。命令口調で攻めてばかりでは彼の心の扉は閉じてしまいます。彼が心を開くのは、あなたの優しさを感じるからです。イソップ童話『北風と太陽』のように、温かい心で接していきたいですね。

記事に関するお問い合わせ