無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗練されたものに触れる。見るだけでうっとりする「美しい食器」8選

Instagramでは、日々のコーデだけでなくテーブルコーディネートもたくさんアップされています。美しい食器に品よく盛られたお料理は、見る人の心を癒やしてくれます。ただそこにあるだけでため息が出そうな食器ブランドやシリーズを、厳選してご紹介します。

2018年1月
ライフスタイル

センスは持っている食器にも表れる

食事は毎日必ず行うもの。快適な時間にするために、使う食器やテーブルセッティングにも気を配りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

Media?size=l
instagram.com

デイリーに使うものだからこそ、少しだけお金をかけてセンスの良いものを使うことで、生活のクオリティーも上がり快適なライフスタイルに繋がります。

毎日のテーブルセッティングが楽しみに

美しい食器は普段からどんどん使うべき!テーブルセッティングが楽しくなれば、自ずとクッキングも楽しくなり健康美人への道も開けます。そんなライフスタイルにも直結する美しい食器を厳選してご紹介します。

思わずため息♡美しすぎる食器8選

①ARABIA:パラティッシ

「ARABIA」の基礎となるアラビア窯は、1873年にフィンランドのヘルシンキ郊外に設立されました。ディナーセットからはじまり、今では多目的に使えるデザインで世界中の人々に愛されています。

Media?size=l
instagram.com

たびたびSNSにも登場するのが、「Paratiisi(パラティッシ)」と呼ばれる美しい植物柄。陶芸作家ビルガー・ カイピアイネンによってデザインされた柄で、パラティッシとは「楽園」を意味するそう。

Media?size=l
instagram.com

最初にブルーとイエローのカラータイプが発売され、その後、モノトーンのパラティッシが誕生しました。大胆で華やかな図柄はお料理によく映え、ファンの多いシリーズです。

ARABIA パラティッシシリーズ(le noble)

②arita japan:TYパレスプレート

佐賀県有田町を発祥とし、その後全国的に名が知れ渡った有田焼。その有田焼にモダンなスタイルでアプローチし、若い世代にも注目されているのが「arita japan(アリタジャパン)」です。

Media?size=l
instagram.com

アリタジャパンが展開する多くのシリーズの中で特に人気を集めているのが、「TYパレスプレート」のシリーズです。まるで花びらのように広がったデザインはエレガントかつ神秘的で、まさに見るだけでうっとりしてしまいそう♡

Media?size=l
instagram.com

陶器ではなく磁器に分類される有田焼は、薄く軽いのにとても丈夫で、デイリー使いに大変適しています。ランチやデザート皿としてどんどん活用したいですね。

1616/arita japan 公式サイト
arita japan TYパラスプレートシリーズ(日本デザインストア)

③ロールストランド:モナミ

「RORSTRAND(ロールストランド)」は1726年にスウェーデンのストックホルムで誕生した、ヨーロッパで2番目に古い陶器メーカーです。

Media?size=l
instagram.com

mon amie(モナミ)は “スウェーデン磁器の母”とも呼ばれるマリアンヌ・ウエストマンがデザインしたパターン。1951年から1980年代までロングセラーで愛され、その後、リデザインされ復刻版として戻ってきました。

Media?size=l
instagram.com

白地に広がるブルーの花模様はとても愛らしく、北欧雑貨とも相性抜群!可愛い柄が活きるよう、工夫して盛り付けたくなるシリーズです。

ロールストランド モナミシリーズ(北欧、暮らしの道具店)

④イッタラ:ティーマ

「iittala(イッタラ)」は、1881年にフィンランドでガラスメーカーとしてスタートしました。その後、ガラス製品以外にも、毎日の生活を豊かにするテーブルウェアやインテリアアイテムを展開し続けています。

Media?size=l
instagram.com

Teema (ティーマ)はデザイナーのカイ・フランクによって生まれたシリーズです。少し高くなった縁とシンプルで素朴なデザインが特徴で、使い勝手の良さには定評があります。

Media?size=l
instagram.com

重ねやすく運びやすいのでつい集めたくなってしまうティーマシリーズには、美しいブルー系のカラーが多く、テーブルによく映えることは言うまでもありません♡

イッタラ ティーマシリーズ(freedesign)

⑤益子焼:よしざわ窯

益子焼(ましこやき)は、江戸時代末期に栃木県芳賀郡益子町で窯が開かれたことから、歴史がはじまりました。陶器ファンが多く訪れる『益子大陶器市』も有名ですよね。

Media?size=l
instagram.com

益子焼には多くの窯元があり、その作風もさまざまです。そんな中で多くの女性に支持されているのが、「よしざわ窯」の見るだけで癒やされる食器たち♡木や鳥、花など身の周りのものがモチーフにされているのも素敵ですよね。

Media?size=l
instagram.com

デザイナーの吉沢理恵さんにより“良い器をできるだけ手頃な価格で”というポリシーの元で作られています。「器は毎日の食卓で使ってこそ」という言葉の通り、素材をランクアップしてくれる魅力的な食器が揃っています。

よしざわ窯 オンラインショップ
よしざわ窯 Instagram

⑥イイホシユミコ

「手作りとプロダクトの境界にあるもの」をコンセプトに作られている、磁器作家イイホシユミコさんの食器たちは、シンプルでありつつ凛とした気品を感じさせてくれます。

Media?size=l
instagram.com

ニュアンスのあるカラーのファンは多く、単品でもミックスしても使えることから、Instagramでもたびたび登場してくるアイテムです。

Media?size=l
instagram.com

シンプルなお皿のほかスイーツにぴったりの小皿も人気が高く、デザートやスイーツを載せるだけで、まるでおしゃれなカフェでいただいているような錯覚をおこしてしまいそう。

イイホシユミコ 公式サイト
イイホシユミコ 通販サイト

⑦波佐見焼:白山陶器

波佐見焼(はさみやき)は、長崎県波佐見町で生産される、約400年という長い歴史を持つ陶磁器です。安く丈夫で、しかも北欧的な雰囲気も持つことから、最近では若い世代からも注目されています。

Media?size=l
instagram.com

たくさんある波佐見焼ブランドの中で注目度が高いのが、「白山陶器(はくさんとうき)」です。濃紺のレトロ可愛い花柄の「ブルーム」は、和洋どちらにも使えるデザインが魅力。

Media?size=l
instagram.com

“使う人にとって使いやすいもの、生活になじむもの”というコンセプトで作られているだけあり、他食器メーカーとの相性もよく、多くの人を魅了しています。

白山陶器 直営店サイト

⑧美濃焼:ぎやまん陶

岐阜県土岐市をはじめとする地域で、1300年以上もの間受け継がれてきた美濃焼(みのやき)。国内で生産される陶磁器生産量の約半分を占めています。

Media?size=l
instagram.com

土岐市のカネコ小兵製陶所で生産される「ぎやまん陶」は、ぎやまん(ガラスを意味する外来語)のような透明感と質感で人気を集めています。

Media?size=l
instagram.com

藍染を表現した一番人気の茄子紺ブルーをはじめ、漆器のような風合いの漆ブラウン、伝統の織部釉を現代風にアレンジした利休グリーンなど、他にはない落ち着いた色味も魅力です。

ぎやまん陶(カネコ小兵製陶所) 公式サイト
カネコ小兵製陶所 Instagram

食器が美しいと料理もおいしくなる♡

少しずつ揃えて大切に使っていきたい、美しい食器たち。でもそれは、実際に使ってこそ価値を持ちます。センスの良い食器で彩られた、豊かなライフスタイルを目指してみませんか?

記事に関するお問い合わせ