無料の会員登録をすると
お気に入りができます

25歳から始めたい!賢い大人がしている5つの「お金の習慣」

大人になったらお金の管理をきちんとしていきましょう。しかし具体的にはどんなことを始めれば良いのでしょうか?将来のあなたのために今から始められるお金の5つの習慣を勉強していきましょう。

2018年1月
ライフスタイル

大人はお金のこと、ちゃんとしてる

そろそろ始めたい将来設計のこと

将来を見据えて、貯金や投資などのお金に関することをきちんと勉強したいと思っても、具体的にどんなことから勉強すれば良いのか、なかなかわからないですよね。お金を貯めるのが上手な人は、お金を預けるところや投資するところをきちんとわかっています。

今から始めたいお金の5つの習慣について、ご紹介していきましょう。

①今のお金の流れを把握する

何にいくら使ってるの?

まずはあなたが普段、何にいくら使っているのかを明確にしていきましょう。家賃、光熱費、食費、交際費、趣味のお金など、まずは1か月間のお金をきちんと把握していきましょう。現状を良くするには、現状を知ることから始めましょう。

レシートをまとめて、1か月後にきちんと計算してみたら、あなたが思っている以上に使っていることがわかるかもしれません。自分が思っている1.5〜2倍も使っていた、なんていうことも…。

②用途別の貯金をする

どんな目的のために使いたい?

そもそも何のためにお金を貯めたいのですか?そのお金が貯まった後はどうしたいのかを具体的に決めましょう。目標が現実化するコツは、紙に目標と期限と金額を書いて、よく見えるところに貼っておくことです。

貯まった後のことを想像して、楽しい気持ちになると、お金を貯めるのも叶いやすくなりますよ。

③貯金を3つの分野に分ける

目的を決めた後は、期限によって貯金を3つに分けます。「短期・中期・長期」と分けることで、上手に貯金ができます。

⑴短期=1~3年で使うお金

趣味や遊びのお金、生活費などの今からここ数年で必要になるお金を「短期」のお金として分けます。ここのお金は、銀行に預けて管理していきましょう。同じ金融機関に預けるのでも、金利の高いネット銀行を比較したり、ATM手数料無料などの特典で選ぶのも良いですね。

⑵中期=4~9年後のために貯めるお金

少し先の未来のためにお金を貯めていきましょう。仕事が変わった時の生活費や趣味を向上させるためのお金です。夢や目標を叶えるためのお金があれば、あなたにチャンスがきた時に使えますよね。

⑶長期=10年以上後のために残すお金

10年以上先を見据えて、将来子供や家族に残すお金を貯めます。今はなかなかイメージがしにくいかもしれませんが、今から準備しておくことによって確実に貯めることができます。中期と長期の貯金は、貯蓄型保険などを利用して賢く貯めていくという方法もあります。

④保険を見直す

昔のままになってない?

親が入ってくれていた生命保険のまま、支払いを続けていませんか?環境が変わった時に、その都度保険を見直してみて、今の支払いを続けている保険があなたにフィットしているのかを確認してみましょう。

定期的に続けている支払いの内容や金額が見直せないのか、こまめに確認することによって、何となくお金がなくなっていくということが減ります。稼ぐのが難しいお金だからこそ、きちんと見ていきましょう。

⑤節約をしていこう

無理なく始められる節約から始める

今のお金の流れを把握し、将来いくら貯めるかを決めた後は、節約をしていきましょう。今の仕事で収入を上げるのにも時間がかかります。貯金のために副業を始めるのもアリです。しかし副業をするのが難しい場合には、今かかっているお金を節約することから始めましょう。

少額の節約でも、1年間続ければ結構貯金は増えるものです。使うお金を抑えていきましょう。

1ヶ月で食費1万円を節約する!「6つの黄金ルール」があった♡

皆さんは毎月の食費、いくらかかっていますか? 毎月かかる固定費に変動費、一番節約しやすいのがずばり食費なんです。1カ月に1万円を節約できたら年間12万円。無理なく賢く、食費を節約するためには6つの黄金ルールがありました。
11826

お金の管理は、あなた自身の管理になる!

お金の管理は、あなたの考え方や価値観が直接的に反映されています。しっかりとお金の流れを把握することは、あなた自身を知ることにもなります。今年は、お金を味方につける1年にしませんか。

記事に関するお問い合わせ