無料の会員登録をすると
お気に入りができます

怒らない練習してる?カッとした時の5つの感情コントロール

感情的になって、思ってもないことを大切な人に発していませんか?怒りの感情が高まって放った言葉や行動は、その後のあなたの評判を下げたり、大切な人間関係を壊してしまいます。怒らない練習はしていますか?感情のコントロールを身につけていきましょう。

2018年1月
ライフスタイル

怒りっぽくて、イライラしちゃう

感情を爆発させてない?

ついカッとなって誰かに八つ当たりしたり、感情を爆発させていませんか?怒りっぽい人は、感情をコントロールできていないと思われてしまいます。怒りっぽい人も、感情を抑える練習をすることで、冷静になることができるんです。

感情コントロールしない人は、子供っぽい

性格的に感情的になる人もいますが、少しずつ意識することで感情コントロールが可能になります。その方法をご紹介していきましょう。

①ゆっくり深呼吸しよう

まずは息を整えて

感情的になっている時には、呼吸が荒くなっている場合が多いです。怒りを抑えようということに集中するのではなく、まずは体のリズムを冷静な時と同じようにすることを心がけましょう。

8秒で吸って、8秒で吐く

ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐くことを意識していきましょう。腹式呼吸で深い呼吸を何回か繰り返していくうちに、気持ちも落ち着いてきます。なかなか気持ちがおさまらない場合には、目を閉じ、アロマを焚いてリラックスしましょう。

②6秒だけ怒りの感情を抑える

爆発させる前に、ちょっと待って!

感情が爆発しそうになった時に、少しだけ我慢してみましょう。怒っている時には火山のように、感情が溢れています。しかしそれも時間が経てば、徐々に気持ちが落ち着いてきます。爆発させる前に一度、待ってみてください。

時間経てば、気持ちは少し落ち着くもの

どうしても言いたいことがある場合にも、6秒だけ待ってみてください。その間に相手に感情を爆発させる以外にも出来ることがあるはずです。深呼吸をして、温かい紅茶やコーヒーを飲んでみたり、クッキーをつまむくらいの心の余裕を持ってみましょう。

6秒経った後には、あなたの気持ちは少しだけ落ち着いています。その後に次のステップに進んでみましょう。

記事に関するお問い合わせ