無料の会員登録をすると
お気に入りができます

週の真ん中「水曜日」が鍵だった♡一週間がもっと幸せになる水曜夜の過ごし方

週の真ん中の水曜日は「忙しい」「疲れた」「眠い」なんて言葉をついつぶやいてしまいがち...という人はいませんか? 体も心もお肌も疲れが見え始めます。だからこそ、水曜の夜の過ごし方ひとつで毎日をもっと幸せにすることも可能。その方法を紹介します。

2018年2月
ライフスタイル

3.水曜の家事はお休みします

女性が炊事、掃除、洗濯などの家事にかける時間は約2時間半。いつも頑張っている人は、水曜の夜はあえて、食事は外食や市販のお惣菜で済ませたり、洗濯もしない、掃除もしないなど、1日だけ家事休業してみませんか?

水曜の夜だけは家事をお休みすることを手抜きと思わず、のんびりごろごろしている自分を誉めてあげましょう♡代用がきくものや1日だけ先延ばしができる家事は木曜以降に♡

4.水曜は湯船にゆっくり浸かります

毎日、手短にシャワーで済ませている人も水曜だけはゆっくり湯船に浸かりましょう♡お湯に浸かると、浮力や水圧による筋肉のリラックス効果も高く、疲労回復だけでなくストレス発散もできる最高のメンテナンス法です。

また温浴効果で血行促進されると、新陳代謝が上がりお肌のターンオーバーも正常に働くようになり、美容面でもプラスの効果が♡入浴で得られる幸福感のおかげで、翌朝のやる気スイッチも入りやすくなります。

5.水曜はフェイスパックをします

水曜日になると肌の疲れが出てきたなあと感じ始める女性が多いようです。だからこそ手遅れになる前に、水曜日の夜にはお肌の新陳代謝を上げる入浴効果に合わせて、念入りなスキンケアでしっかりメンテナンスを♡

とくにフェイスパックは、お風呂の湯気で毛穴が開いているお風呂上がりがおすすめです♡パックの美容液がしっかり浸透します。肌の潤いがよみがえれば表情だって明るくなりますよね。

6.水曜は軽い運動をします

もちろん、運動といってもダイエット効果を目的としたハードなものではなく、幸せホルモンのセロトニンを増やす効果のあるウォーキングや足踏みなどの軽いリズム運動で十分です。息が切れない程度に15分を目安に。

また仕事中の緊張状態による神経過敏を和らげるために、ストレッチも有効です。寝る前にベッドの上で10~15分程度のストレッチを行うだけで寝付きも良くなり、疲労回復も早くなります。

7.水曜は早めにネットを終わらせます

ネットのせいで寝る時間が遅くなるのはもったいない話。またパソコンやスマホ画面が放つブルーライトは、眠りを誘うメラトニンの分泌を弱める可能性もあるので、目が冴えて眠れないという悪循環を招きます。

水曜の夜だけは、自分自身のメンテナンスのために、ネットの時間を区切ったり、寝る1時間前からスマホやテレビを見ないようにしたいですね!

記事に関するお問い合わせ