無料の会員登録をすると
お気に入りができます

捨てられない人に!整理のプロがおすすめする「上限○○」って?

インテリア

年子姉妹と賃貸暮らしの転勤族、整理収納アドバイザーでサンキュ!STYLEライターの山田なみです。

整理収納といえば、まずはものを減らすところから始まります。でもわかってはいるけれど、なかなか捨てられないし、ついつい買って増やしてしまう…。

今回はそんなかたにおすすめな、たった1つのルールでを守るだけで、ものが減ってかつ増えない収納方法をご紹介します。

キーワードは「上限管理」

例えば家計簿をつけるとき、会社で使う経費、お金のことだと上限を設定しますよね。何のためかといえば、使いすぎないためですね。

そう、上限を決めないとついつい「すぎてしまう」んです。これは整理収納でも同じ。上限を決めないと「持ちすぎ」るし「買いすぎ」てしまうんです。

整理収納への活かし方

上限が明確になれば、今自分が持っているものが多いのか、少ないのか判断することができます。

例えば溜まりがちな紙袋。まず家中に散在している場合は、すべて集めることが大切です。集めたものを数えて、自分が決めた上限よりも多い場合は、気に入ったものや必要なものから選択し、上限を超えたものは処分すればよいのです。好きなものから残すと、余ったものが処分しやすくなりますよ。

一度上限まで収めれば、あとはそれをキープするだけ。欲しいものがあれば入れ替えればよいし、できないなら買うのを諦めればよいのです。

ではその上限とはどのように決めたらよいでしょうか?

方法1 数を決める

例えばわが家では、食器やカトラリーを買うとき6という数を上限にしています。これは夫婦2人と来客4人、家族4人と来客2人など、わが家にありがちな来客を想定した数です。銘々皿やグラスなどつい買ってしまいがちなものも、上限を理由に購買意欲を抑えています。

もちろん大皿など6より少ないものもありますし、それ以上の来客があったときは使い捨て用品と割り切っています。

方法2 ここに入るだけ

よく子どものおもちゃを収納するときに、この箱に入るだけと決めますよね。大人も同じです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ