無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぺろっとなめたら“リップ乾燥”注意報!唇が荒れるNG習慣7選

美容

唇の乾燥注意報!

リップが荒れる習慣があるって知ってた?

寒く乾いた空気のこの季節、唇が乾燥しやすいですよね。実は季節の影響だけでなく、普段のちょっとした習慣で、唇はカサカサになってしまいます。

そこで、唇を乾燥させてしまうNG習慣をピックアップ。知らず知らずのうちにやってはいないかチェックしてみましょう。

NG習慣①唇をなめる

乾燥がひどくなる

唇はほかの肌にはある皮脂膜がなく、皮膚も薄くて乾燥しやすいパーツです。そのため、唇が乾燥したときに、無意識でもぺろっとなめてしまっている人はいませんか?

なめて乾燥を防げるのは一時的にだけです。その水分が蒸発するときに、唇の水分を奪うので余計に乾燥してしまいます。そしてまたなめて…と悪循環になってしまうのです。

なめるよりもリップクリーム

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

乾燥が気になるときは、なめるよりもリップクリームを習慣にしましょう。乾燥を防げます。

NG習慣②口呼吸

空気が通って唇が乾燥しやすい

口呼吸をするたびに空気が通るので、唇はどんどん乾燥してしまいます。そのほかにも口呼吸は口の中が乾燥しやすいので風邪を引きやすかったり、顔の筋肉が緩んでしまうので肌がたるんだりなど、デメリットが多いのです。

鼻呼吸にチェンジ

鼻呼吸にするようにしましょう。鼻炎や風邪などで鼻の通りが悪い場合は、なるべく早く治し、普段から口を閉じる意識を持ちましょう。

記事に関するお問い合わせ