無料の会員登録をすると
お気に入りができます

同棲中の方必見!家事の分担をしっかりして円満にいく方法お教えします♡

同棲中のカップルが、家事の分担や、お金の分け方で喧嘩になることは多いです。お互いの生活に関わることだからこそ、しっかりさせておきたいもの。円満に交際して、一緒に生活を共にするコツを紹介していきましょう。

2018年1月
恋愛・結婚

同棲生活、うまくいってる?

一緒にいる時間を長くするために、同棲生活をスタートさせる人も多いでしょう。しかし交際するだけと異なるのは、そこに生活やお金のことが関わってくること。同棲を円満にするには、ある程度の決め事も大事になってきます。

お金や、家事は最初に決めておくのが肝心

一番揉めやすいのは、お金や家事のことです。家賃や生活費、水光熱費や食費など、必要になってくるお金を誰がどのくらい支払うのか、を細かく決めておきましょう。何となく決めたルールだと、後で喧嘩になることも多いのです。

具体的なお金の決め方、家事の分担の仕方を見ていきましょう。

お金の管理は、喧嘩の元になりやすい

家賃、水光熱費、通信費は折半が基本

毎月必ずかかってくる家賃や水光熱費、パソコンの通信費などの固定費は、折半するのが基本です。家賃は、ワンルームタイプが実は一番割高です。少し広めの1DKや2DKに暮らしても、家賃を折半すれば1人暮らしの頃よりも安くなるケースが多いです。

食費、デート代はどうする?

2人暮らしの食費の平均は4~6万円が平均です。お酒を毎日飲む場合は多くなります。デートで外食する場合には、食費に入れるのかも先に決めておきましょう。食費や雑費などの生活費の負担は各カップルによって様々です。

・帰り道に買って帰れる方が、その都度食費や雑費を負担する
・食費・光熱費・家賃は全て折半
・食費と雑費は彼女、彼氏は外食と家賃
・共同財布で食費を管理
など、カップルによって分け方は異なります。お互いに不公平に感じず、なおかつストレスにならないように分けましょう。

一緒に生活をする中で、お金の中の細かな価値観の違いが出てくるかもしれません。それはその都度、相談して決めること。その時にあなたの意見ばかりを主張するのではなく、彼の話や意見を聞くように心がけましょう。

二人の将来のための貯金を始める

貯金箱にためるのでもOK

結婚の話が出たり。将来のことを見据えて同棲をしている場合は、少しずつでも貯金をしていきましょう。それぞれ毎月1万円ずつの貯金をするだけでも、月に2万円貯金ができ、1年で24万円の貯金になります。そのお金を家具家電を新調する時に使ってもいいですし、結婚資金に使ってもいいでしょう。

記事に関するお問い合わせ