無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キレイの秘訣は背中にアリ♡“背面に効く”簡単エクササイズでスタイルアップ!

自分では見えない体の後ろ側こそ、キレイが宿る絶好のパーツです。そんなスタイルアップに効果抜群な背面のエクササイズを徹底レクチャーします。

2018年2月
美容

前ケアだけではキレイになれない!

ボディケアは、自分から見える前側だけ一生懸命やっていませんか?

girlydrop.com

でもポッコリお腹やバストの下垂は、じつは「背面」にこそ原因があるんです。そこで日常のちょっとした動きで、効果的にキレイになれる背面エクササイズについてレクチャーします。

なぜ「背面ケア」が必要なの?

girlydrop.com

体は前面と背面のバランスが整ってこそ上手く作用します。ところが今はスマホやパソコンにより、前に意識が向く作業が増えて背面の機能を活かせていない人がほとんどなんです。

そのため必然的に猫背になり、ポッコリお腹・バストの下垂・ほうれい線を作る原因を作ってしまうのです。そんな今こそ背面ケアを意識して、スタイルアップを目指していきましょう!

「背面エクササイズ」を始めよう!

普段から背面を意識することが、全身のキレイにつながります。そこで日常生活の中で簡単にできる「ながら背面ケア」を、6つご紹介していきましょう。

①後頭部を立てる

後頭部が前傾になると、背中も連動して前かがみになるので注意が必要です。

雑誌などでモデルさんを見ると、天井から吊られたように後頭部を立て首をスッと真っ直ぐに伸ばしていますよね。それを真似して頭をしっかり立てることで、自然と姿勢も良くなりますよ。

②耳と肩を遠くに離す

仕事などで緊張状態になると、力が入って肩が上がってしまいます。

肩は上がることで内側に巻き込まれるので、バストラインを乱し胸の位置を下げる原因になります。耳と肩をなるべく遠くに離すように意識すると、首元が伸びるので効果的!肩こりでお悩みの方こそ、意識して欲しいポイントです。

③バッグは横で持つ

girlydrop.com

外出時に、手にかけたバッグを体の前で持っていませんか? 重いバッグを前に持つと背中が丸まり姿勢が崩れるので、毎回持つ位置を確認するようにしましょう。

バッグを持つ時は、肩を引いて胸を張る&体の側面~背面にバッグが来るようにするのがポイント! 肩にかける場合は、かけてから肩を外に開くことで美姿勢をキープできますよ。

④吊革は背中の力でつかまる

毎日の通勤電車で吊革につかまる時こそ、実は背面を鍛えるチャンスです。

まずは背すじを伸ばし胸を開いた状態で、吊革を軽くつかみましょう。そして吊革を背中に引くようなイメージで持てば、背面が鍛えられます。さらにヒジを直角にキープすることで、二の腕の引き締め効果も得られるのでトライして下さいね♡

⑤肩甲骨の可動域を広げる

背中の中心である肩甲骨が硬くなると、血液の流れが悪くなり老廃物が溜まりやすくなります。肩甲骨の可動域を広げることで、代謝アップ&体脂肪が燃えやすくなるんです。

girlydrop.com

肩甲骨をケアするには、フェイスタオルを使ったエクササイズが1番!座った状態でタオルの両端を持ったら、左右に引っ張りながら頭上で上下させましょう。肩甲骨の動きを意識することで、背中まわりの血の巡りをアップさせることができます。

⑥股関節で美姿勢をキープ

パソコンと向き合っている時は、無意識のうちに悪い姿勢になりがちです。

デスクワークで椅子に座る時は太ももと骨盤を近づけるようにすることで、自然と背すじがまっすぐになります。股関節で上半身を支えるような気持ちで、背骨と床が垂直になるように座ると美姿勢がキープできます。

背面ケアで美スタイルをGET!

girlydrop.com

日常生活で簡単にできる背面エクササイズを取り入れれば、今よりもグンとスタイルアップにつながります。ご紹介した6つのエクササイズを実践して、キレイを磨いていきましょう♡

記事に関するお問い合わせ