無料の会員登録をすると
お気に入りができます

堂々主役です! 身体も温まる「洋風長ねぎスープ」5選

レシピ

脇役のイメージが強い長ねぎですが、スープの具に使用すれば味のバリエーションがグッと増えます。今回は身体もあたたまる洋風長ねぎスープをご紹介。温かさが体にしみる今の時期、ほっと一息ついてみては?

◆カリフラワーと長ねぎのポタージュ(94Kcal、塩分1.6g)

【材料・2人分】

カリフラワー 1/2個(約250g)、長ねぎ(青い部分)を含む 1本、洋風スープの素(顆粒) 小さじ1/2、バター、塩、粗びき黒こしょう

【作り方】

1. カリフラワーは小房に分け、縦薄切りにする。ねぎは青い部分のかたいところは除き、小口切りにする。

2. 鍋にバター15gを入れて弱めの中火で溶かし、1を入れて焦がさないように1~2分炒める。全体が少ししんなりしたら塩小さじ1/3をふり、木べらでカリフラワーをよく潰しながら4~5分炒める。

3. 水2カップ、スープの素を加え、沸騰したら弱火にして2~3分煮る。器に盛り、こしょう少々をふる。

カリフラワーを細かく潰したとろとろ食感のポタージュ。カリフラワーは4、5分ほどかけてよく火を通すようにしましょう。スープとしてもおいしいですが、パンをつけてもマッチするのでぜひ試してみて。

◆じゃがいもとねぎのカレーミルクスープ

カレーにミルクを混ぜてまろやかさを引き立たせます。仕上げにパセリを散らせば見栄えもバッチリ。

◆ねぎのコンソメ

材料は長ねぎとベーコンだけなのでパパっとすぐでき。朝食やランチに1品足したい時におすすめです。

◆下仁田ねぎのグラタンスープ

下仁田ねぎをとり入れたグラタン風のスープです。ブイヨンベースの味つけにとろっとしたチーズをプラス。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ