無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちゃんと起きてる?朝のぼんやりを解消する8つのテク

起きたての朝。ぼんやりしたまま数十分...なんて経験ありませんか?朝が弱い人にとって、目覚め後の数時間はつらいもの。朝からシャキッと笑顔になれるテクニックをご紹介します!

2018年2月
ライフスタイル

ぼんやりしたまま数十分...

Photo by Asdrubal luna / Unsplash

まだまだ寒い日が続きますね。冷え込む朝は特に、布団から出たくなくてぼんやり...なんてことも多いのではないでしょうか。そんなときに試したい、朝からシャキッと元気になれるテクニックをご紹介します。

1. 目覚ましのスヌーズ機能は使わない

www.pexels.com

1度止めても、また何分かしたらアラームが鳴るのを分かっていると、それに甘んじて二度寝してしまうことがよくあります。「今日からスヌーズ機能をOFFする!」と寝る前に決めると、次のアラームはないとわかっているので意外とすんなり起きられます。

2. 一杯の水を飲む

目覚めに、冷たい水を飲むと一気に目が冴えます。寝ている間に汗をかき、失った水分を体内に補給することで、内臓が活動しやすくなります。一杯の水を飲むだけで、身体そのものが活性化されるのを感じるはず。

3. 暖房器具をタイマーで設定

Photo by Timothy Buck / Unsplash

起きたとき、暖かい布団の中から急に冷え切った部屋へ起きて行くことは身体にも負担がかかります。そこで、起きる時間の30分前くらいからタイマーで暖房器具をセット!部屋を温めておくと暖かい部屋で快適に目覚めることができます。

4. 手をグーパーする

www.pexels.com

目が覚めたら、布団の中で手を握って開いて1分ほどグーパーしましょう。次は、手を布団の外に出して手を天井につき上げて、同じくグーパーを1分。そうしている間に、血のめぐりが良くなって、体温もアップ。さらに脳が活性化してスッキリした目覚めに繋がっていきます。

5. 30秒の猫のポーズ

朝、目が覚めたら布団の中で猫伸びポーズをしてみましょう。四つん這いになり、お腹を布団につけるように伸び。お腹を凹ませ背中を丸める動作を繰り返すことで、血の巡りがどんどん良くなり、体が目覚めのモードに入ります。

猫ポーズのやり方

記事に関するお問い合わせ