無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目の形でデカ目メイクは違います!一重・奥二重・二重別「デカ目メイク」のコツ

メイク

ポイント

・上瞼は明るいブラウンやベージュ系で目そのものの印象を強調。
・下瞼へのアイメイクで目の面積を大きく見せると◎!
・攻めたいときは、切れ長風のアイラインをオーバー気味に。

一重さんは、太いアイラインや濃いアイシャドウを塗るとオーバーメイクに見えてしまいがち。

上瞼には、透明感のあるベージュやブラウンを塗り、目の印象を強調するといい感じのデカ目効果が得られます。

ただし、パール感の強いものは瞼を膨張させて腫れぼったく見せてしまうので気をつけましょう。

横に広げ過ぎると目が細く見えてしまうのですが、切れ長風の跳ね上げアイラインでモードな雰囲気をつくりやすいので、攻めたイメージを目指す時はオーバー気味にアイラインを引くのもおすすめです。

さらに、涙袋の影やハイライトなどで下瞼の面積を広く見せると、少し離れた場所から見たときに目が大きく見えます。

一重・奥二重・二重さんそれぞれのデカ目メイクのコツをご紹介しました。

いずれも、抜け感がキーワードです。色やラインを重ねようとせず、光と線を上手に操って立体感をプラスすることで狙ったデカ目効果が得られるので、ぜひやってみてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ