無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬の間にオバ度上がってない?「背中のハミ肉・腰のモリ肉」を撃退する簡単ストレッチ

冬は部屋にこもりがちになる季節だから、運動やストレッチも少なくなる傾向にあります。気づいたら、背中のハミ肉や腰のモリ肉ができていた!なんてことがないように、日ごろからチェック&ストレッチをこころがけましょう。

2018年1月
美容

後ろ姿、大丈夫?

自分ではなかなか目にしませんが、エスコートしたり、料理中の姿を眺めたり、男性は女性の背中を見る機会が多いもの。背中の肉は目立たないと思っていたら大間違い。もっさり感は服を着ていてもわかります。後ろ姿を見て「おばさんくさい」と思われてしまうことも……。

これから訪れるバレンタインなどイベントシーンでは、ドレスアップした姿を大切な人に見せたいですよね。大切な日を最高にするためにも、いつも見える場所だけでなく、見えない場所ほど気合をいれて。いつでもきれいな後ろ姿の背中美人=バックシャンを目指しませんか?

背中のハミ肉の原因は?

洋服を着ているときれいでも、脱いでみると、下着からはみでている「ハミ肉」や盛り上がっている「モリ肉」を見つけたら要注意!そんなにっくきお肉の要因は?

①猫背

一番の原因は、やはり猫背。猫背になると、腕や肩の筋肉が前にのしかかって負荷がかかり、肋骨にはりついてしまって、自由に動かなくなってしまいます。

猫背は肩甲骨が開いた状態。肩甲骨は骨盤と連動して動いているので、凝り固まってしまうとバストやヒップが垂れたり、下腹ポコンの原因に。また、リンパの流れも悪くなり、背中に余分なお肉もつきやすくなります。

②加齢などによる筋力や代謝の低下

もう1つの理由は、加齢などによる筋力の低下。

背中周りには脊椎を囲む色んな筋肉がありますが、加齢によって衰えていき筋肉にかわって脂肪がつきやすくなります。腰回りも、女性は贅肉がつきやすい場所ですが、年齢を重ねるごとに代謝が低下して落としにくくなりがちです。

③食事メニュー

食事メニューも、脂肪蓄積にはおおいに関係してきます。

unsplash.com

バターやクッキーなど、トランス脂肪酸を含む食材は脂肪が蓄積されやすいのでほどほどに。ナッツやアボカドなど、不飽和脂肪酸を含むものは蓄積されにくくおすすめです。バランスよい食事と適度な水分補給で代謝をアップさせましょう。

セルフチェックをしてみよう!

ストレッチを始める前に、今の肩甲骨の状態をチェックしてみませんか?

背中で「お釈迦様のポーズ」

これは、肩の4つの筋肉を総称する、「ローテーターカフ」の柔軟性チェックになります。簡単に背中で手を合わせて上にあげることができればOK。そうでなければ、筋肉が固く、肩が凝りやすかったり猫背の可能性が。

肩甲骨に指が入るか確認

肩甲骨の内側に手をいれてみます。第一関節くらいまで入れば理想的ですが、そうでなければ、筋肉が肋骨に貼りついている可能性大です。セルフでもできるので、反対側の腕で確認してみてくださいね。

おすすめワークアウト&マッサージ4選

種類が少なくても、悩んでいるパーツに効くワークアウトやマッサージを、根気よく毎日続けることで少しずつ効果がでてきます。おすすめのワークアウトやマッサージをいくつかご紹介します。

1.肩甲骨まわりストレッチ

ワークアウトの前に、肩甲骨まわりをほぐしておくと効果的です。

instagram.com

①手でもう片方の肘を掴み、反対方向に倒して脇を伸ばす。もう片方も同じように。
②両肘を抱えて、そのまま後ろに反る。
③手を前に移動し、背中を抱きかかえるような形で前に丸くなる。

2.背中伸ばしストレッチ

背中の筋肉の伸縮を繰り返し、背中をゆるめるストレッチです。ゆっくり深呼吸しながら、15秒ずつ行いましょう。

instagram.com

①手のひらを前につきおしりを持ち上げ踵は床へ。脚裏側と背中、脇を伸ばす。
②お尻を落とし、胸を持ち上げお腹を伸ばす。
③膝をついた状態でお尻を持ち上げ胸は床へ。背中と脇を伸ばす。
④一度肩をあげ、片腕(肩)を反対側へ。反対側も同じように行う。

3.腰回りとお尻に効くストレッチ

ウエスト周りに効くほか、猫背にも効果のあるストレッチです。体幹を強化し、肩の力もゆるめてくれます。

instagram.com

①肩の下に肘を置いて横向きになり、膝を90度に曲げる。
②お腹をへこませて、脇腹を意識しながら腰のアップダウンを10回行う。
③上のほうの脚を10回アップダウン。
④逆も同じように行う。

4.くびれマッサージ

リンパの流れを利用した、腰肉を流してくれる効果のあるマッサージです。滑りをよくするオイルやクリームを塗って行ってくださいね。

instagram.com

①肋骨と腰骨の隙間を開くために、手のひらを使って肋骨を引き上げる。
②腰ウエストから前へ手のひらや指を少し強めに滑らせ、そのまま股関節へしっかり流す。
③腰背中部分も同じように行う。
④最後に、息を吸ったあと吐きながら手のひらをウエストからずらす「肋骨締め」をして完了。

大切なシーンも背中で魅せる♡

Photo by Jacob Postuma / Unsplash

後ろ姿が美しい人には、つい目を奪われてしまいます。忘れてしまいそうなパーツですが、効果は絶大。しっかりケアして魅惑的なSラインを手に入れましょう。

記事に関するお問い合わせ