無料の会員登録をすると
お気に入りができます

女性同士で行きたい♡お洒落すぎるチョコレート専門カフェ5選

お洒落なスポットには、流行に敏感な女友達と一緒におでかけしたいもの。素敵なカフェスペースにうっとりする、とっておきのチョコレート専門店をご紹介します。

2018年1月
グルメ

とっておきのチョコは素敵な空間で楽しむ♡

人気のチョコレートブランドにはそれぞれ、こだわりの世界観がありますよね。評判のチョコレートを存分に堪能したいなら、その世界観にどっぷりと浸かれる”併設カフェ”でいただくのが一番なんです♡

お洒落すぎるチョコレート専門カフェ5選

①CHOCOLATE BANK(チョコレート バンク)/鎌倉

Media?size=l
instagram.com

おしゃれカフェの激戦区・鎌倉で1月28日にオープンしたばかりの『CHOCOLATE BANK』は、生チョコクリームたっぷりのチョコルネ(500円~)が自慢。パリパリのクロワッサン生地に濃厚なチョコが絡みます。

Media?size=l
instagram.com

赤レンガの壁面にポッと浮かび上がる『CHOCOLATE BANK』のライトがなんとも素敵な外観ですね。軒先に植え込まれたたくさんの多肉植物やガラス張りのチョコファクトリーが、道行く人々の目線を奪います。

Media?size=l
instagram.com

銀行跡地という特性を活かしたリノベーションショップということで、旧金庫室にはカカオ豆とチョコレートにまつわる展示も。チョコレートの新たな可能性を目指した、体験型のカフェなんだそうです。

Media?size=l
instagram.com

メインのカフェスペースでは、NYの有名カリグラファー・リカルド氏によるオリジナルアートが抜群の存在感を放っています。こだわりのチョコスイーツ×こだわりの空間で、想像以上の魔法のひとときが過ごせそうですね♡

Media?size=l
instagram.com
CHOCOLATE BANK 公式サイト

②Dandelion Chocolate(ダンデライオン チョコレート)ファクトリー&カフェ/蔵前

Media?size=l
instagram.com

サンフランシスコの人気店『Dandelion Chocolate』の海外1号店がここ、『ファクトリー&カフェ蔵前』。産地の違いを味わえる3種のブラウニーバイトフライト(630円)などが人気です。

dandelionchocolate.jp

築50年ほどの建物を改装したこちらの店舗。1階はチョコレート工場&スタンド、2階はカフェ&ワークショップスペースを併設しています。ライトカラーの木のぬくもりに親しみを感じる外観ですね。

Media?size=l
instagram.com

広々とした注文カウンターにもまた、木材のあたたかみが広がります。同素材の木製トレイに載せて提供してもらえると、一層あたたかい気持ちになります♡ちなみに、ドリンク注文でマシュマロが無料サービスされますよ。

Media?size=l
instagram.com

壁面には“Bean to Bar”方式のチョコレートの製造工程が描かれたチョークアートが。カカオ豆の選定、買い付け、選別、チョコレートバーができるまで全て手作りで行うというこだわりが、ここでもキラリ。

Media?size=l
instagram.com
Dandelion Chocolate 公式サイト

③Summerbird Organic (サマーバード オーガニック)チョコレートラボ&カフェ /表参道

Media?size=l
instagram.com

『Summerbird Organic』はデンマーク発の100%オーガニック素材ショコラトリー。日本の表参道店では、できたてふわとろのクリームキス(600円~)が味わえます。

添加物を一切使用しないというモットーを体現するかのように、お店は白を基調としたシンプルでスタイリッシュな外観なんです。世界最高標準の原材料にこだわったチョコレートに、期待が持てますよね♡

tabelog.com

チョコレートファクトリーをガラス越しに眺めながらゆったりくつろげる室内席は、北欧家具の長テーブルが素敵。一方、春先になれば緑あふれるガーデンパティオの屋外席も涼やかでおすすめですよ。

Media?size=l
instagram.com

さらにオーガニックティー、コーヒー、チョコレートドリンクなど、店内のすべてのメニューを高級北欧ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」の食器で提供してもらえるサービスには、ワクワク感が止まりません。

Media?size=l
instagram.com
Summerbird Organic 公式サイト

④green bean to bar CHOCOLATE(グリーンビーントゥバーチョコレート)/中目黒

Media?size=l
instagram.com

中目黒駅徒歩10分の『green bean to bar CHOCOLATE』では、パリパリチョコに挟まれたマラノン(810円)やもこもこの形状がかわいいエクレア(540円)がいただけます。

Media?size=l
instagram.com

フランスの街角で出会ったような大人かわいい外観は、乙女のココロをグッと掴みます♡シャビーグレーの壁に、ブラックの格子がアクセントの大きな窓。モサモサと元気いっぱいのグリーンからはお店の活気を感じますね。

greenchocolate.jp

広々とした店内では、大きなショーケースにさまざまな種類のチョコレートスイーツが並ぶほか、カカオ関連商品も求めることができます。ナチュラルな雰囲気のとってもかわいらしい空間ですよね♡

greenchocolate.jp

不定期にワークショップが開催されているテーブルスペースも素敵。壁に描かれた世界地図はインテリアとして機能するだけでなくカカオの産地が明記され、ハイセンスな空間となっています。

Media?size=l
instagram.com

こちらは中目黒店に続く2号店、福岡店の様子です。店内までカカオの香りに満たされているのだとか。チョコ好きには堪らなく幸せな気分になりそうです♡

green bean to bar CHOCOLATE 公式サイト

⑤Minimal(ミニマル)/代々木上原

Media?size=l
instagram.com

インターナショナル チョコレートアワードのエリア大会で受賞歴のある『Minimal』では、正統派の板チョコレートをトライするのが一番。カカオの産地ごとに異なる香りや味の違いを楽しめます。

mini-mal.tokyo

誰かとシェアする、好きなサイズで選ぶ、割ってひとくちで食べる、かじる、舌触りの違いを楽しむ、などあらゆるシーンでチョコレートを満喫できるよう、一口4gサイズにカットできるような形状なんです。

mini-mal.tokyo

店内では定番の板チョコはもちろん、シュークリームプレートなどの月替わりスイーツも味わえます。コンパクトな店内ならではのカウンター席で、スタッフさんとチョコレート談義に花を咲かせることもできますよ♡

Media?size=l
instagram.com

「Life with Chocolate」というテーマを掲げるこちらのブランドでは、カカオ由来商品のMinimalオリジナルレシピを提案してくれるほか、素敵な店内でイベントを開催することもあるんだそう。

Media?size=l
instagram.com
Minimal 公式サイト

女友達とショコラトリー巡りはいかが?

Media?size=l
instagram.com

今回ご紹介した全てのカフェは、いずれも“Bean to Bar”方式を採ったこだわりあふれるチョコレート専門店です。各ショップが厳選して提供する最高のチョコレートを、是非店舗で楽しんでみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ