無料の会員登録をすると
お気に入りができます

好きなのにケンカしちゃう。彼とのケンカを減らす7つの方法

彼の事は大好きなのに、なぜかいつもケンカばかり。イライラしてしまって「もう、ダメかもしれない…」と感じることはありませんか?今回は、ストレスなくできる、彼とのケンカを減らす方法をご紹介します。

2018年2月
恋愛・結婚

好きなのに、何で?

www.pexels.com

大好きな彼と仲良くしていたいのに、なぜかケンカが続いてしまうことってありませんか?今回は、少しでもケンカを減らしたい人におすすめ、彼とのケンカを減らす方法をご紹介します。

①相手に「期待」しすぎない。

「何で分かってくれないの?」、「全然気付いてくれない」と感じることはありませんか?大好きな彼だからこそ、自分の気持ちを100%分かってほしいと感じるのは普通。でも、押し付けてしまうとケンカの原因にも。

「見返り」を求めてない?

「これだけ尽くしているのに」という考えがあると、相手に見返りを求めてしまいがちです。プレゼントした金額や、彼のためにしてあげたことに対して見返りがないと、「大事にされていない」と勘違いしてしまうことも…。

www.pexels.com

②「仲直り」は、その日のうちに。

ケンカをした時は、お互いの存在自体にイライラして、自分が言ったことや言われたことに対してのモヤモヤや、悲しみでいっぱいになりますよね。仲直りする気分になれないこともありますが、歩み寄ってみませんか?

www.pexels.com

仲直りは出来るだけ、ケンカをしたその日のうちがベストです。次の日や、その後にズルズルと引きずってしまうと、仲直りするタイミングが無くなり、嫌な雰囲気のままお互いモヤモヤが続いてしまいます。

③相手を「攻撃」しない。

ケンカをしている時は、相手に意地悪なことを言ってしまったり、「勝ち負け」にこだわって、わざと相手を傷つけてしまうようなことを言ってしまったり…。

無意識のうちに相手を言い負かそうとしたり、相手に非を認めさせようとして攻撃したりしそうになったら、一旦冷静になってみましょう。1人になってみて、ケンカの中で起こったことから距離を置いてみましょう。

④「イライラ」は溜めない。

思わずイラっとしてしまうちょっとしたことや「ここは直してほしいな」と思うことは、その都度話すようにすることが大切です。イライラを我慢して溜めてしまうと、ケンカをした時に大爆発してしまうことも。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ