無料の会員登録をすると
お気に入りができます

好きなのにケンカしちゃう。彼とのケンカを減らす7つの方法

彼の事は大好きなのに、なぜかいつもケンカばかり。イライラしてしまって「もう、ダメかもしれない…」と感じることはありませんか?今回は、ストレスなくできる、彼とのケンカを減らす方法をご紹介します。

2018年2月
恋愛・結婚

好きなのに、何で?

www.pexels.com

大好きな彼と仲良くしていたいのに、なぜかケンカが続いてしまうことってありませんか?今回は、少しでもケンカを減らしたい人におすすめ、彼とのケンカを減らす方法をご紹介します。

①相手に「期待」しすぎない。

「何で分かってくれないの?」、「全然気付いてくれない」と感じることはありませんか?大好きな彼だからこそ、自分の気持ちを100%分かってほしいと感じるのは普通。でも、押し付けてしまうとケンカの原因にも。

「見返り」を求めてない?

「これだけ尽くしているのに」という考えがあると、相手に見返りを求めてしまいがちです。プレゼントした金額や、彼のためにしてあげたことに対して見返りがないと、「大事にされていない」と勘違いしてしまうことも…。

www.pexels.com

②「仲直り」は、その日のうちに。

ケンカをした時は、お互いの存在自体にイライラして、自分が言ったことや言われたことに対してのモヤモヤや、悲しみでいっぱいになりますよね。仲直りする気分になれないこともありますが、歩み寄ってみませんか?

www.pexels.com

仲直りは出来るだけ、ケンカをしたその日のうちがベストです。次の日や、その後にズルズルと引きずってしまうと、仲直りするタイミングが無くなり、嫌な雰囲気のままお互いモヤモヤが続いてしまいます。

③相手を「攻撃」しない。

ケンカをしている時は、相手に意地悪なことを言ってしまったり、「勝ち負け」にこだわって、わざと相手を傷つけてしまうようなことを言ってしまったり…。

無意識のうちに相手を言い負かそうとしたり、相手に非を認めさせようとして攻撃したりしそうになったら、一旦冷静になってみましょう。1人になってみて、ケンカの中で起こったことから距離を置いてみましょう。

④「イライラ」は溜めない。

思わずイラっとしてしまうちょっとしたことや「ここは直してほしいな」と思うことは、その都度話すようにすることが大切です。イライラを我慢して溜めてしまうと、ケンカをした時に大爆発してしまうことも。

www.pexels.com

相手に言うほどではないけど、なんかイライラしちゃう時ってありますよね。忙しさや睡眠不足が続いた時に、さらにイライラしがちな人は、ストレスをこまめに解消するのがおすすめです。

⑤「自分」から変わる。

お互いの悪い部分を改善することで修復出来るのであれば、自分から変わってみませんか?相手が変わるのを待って、自分の事を棚に上げてしまう時こそ、自分から変わるのがベター。

www.pexels.com

自分から変わろうとしている姿勢を見せることで、相手も努力してくれるかもしれません。「2人の関係のために良くなろうとしている」と感じさせて、前向きに互いの関係を良くすることを意識しましょう。

⑥「悪者」を決めつけない。

ケンカをしている時や、イライラや怒りで自分をコントロール出来ない時は、相手の事を「悪者」扱いしてしまいがちですよね。どちらかが「悪者」と決めつけるのではなく、2人で一緒に改善するのがベストです。

www.pexels.com

相手が自分が思ったのとは違う受け取り方をしていたり、伝わり方が違ってしまったりすることはよくある事です。自分の思い通りに伝わっていなかったとしても、勘違いをさせてしまったなら、素直に謝りましょう。

⑦「ケンカ」は悪いことじゃない。

「ケンカ」をしてしまうことは、悪いことばかりではありません。相手の事や2人の関係を大事に思っているからこそ、思い通りにならないとイライラしたり、相手に自分の気持ちが伝わらないのが嫌になるんですよね。

www.pexels.com

ケンカをしたから、今まで気づかなかったことに気づけることもありますし、お互いの信頼関係がさらに増すこともあります。「ケンカ=悪いこと」ではないので、その後の2人の関係が大事です。

みんなの憧れのカップルに♡

www.pexels.com

ケンカをしてしまったからと言って、ネガティブになりすぎずに、お互いの信頼関係を深めるためにもポジティブに改善していくことが大切です。周りから憧れられるようなカップルを目指しましょう。

やっぱり憧れNo.1!「逃げ恥」に学ぶ♡仲良しカップルでいるための5つの習慣

放送が終了してからも大人気のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。「火曜日はハグの日」のように、いつまでも仲良くいられるためのテクニックがたくさんある事でも話題になっています。今回は、「逃げ恥」に学ぶ仲良しカップルでいるための習慣をご紹介します。
1073
記事に関するお問い合わせ