無料の会員登録をすると
お気に入りができます

未来が変わる!理想の毎日を送るための「手帳」の使い方7選

みなさんはどのように手帳を使っていますか?手帳は、予定管理だけでなく、あなたの夢や理想に近づく使い方もできるんです。手帳を使いこなせば、今よりもっと素敵な毎日を送れるかも♡

2018年2月
ライフスタイル

あなたはどんな風に手帳を使っていますか? 予定管理はもちろん、ダイエット記録や家計簿の代わりとして、使っている方も多いのではないかと思います。でも、手帳の有意義な使い方はそれだけではありません。

予定を書くだけじゃもったいない

Photo by STIL / Unsplash

実は、手帳には「あなたの未来を変える」使い方もあるんです!手帳の使い方をアレンジして、あなたの理想の生活や夢を叶えてみませんか?

毎日がもっと豊かになる♡手帳の使い方7選

あなたの理想を叶え、もっと豊かな毎日を送るために、ぜひ試してみてほしい手帳の使い方をご紹介します!

1.やりたいことを書き出す

やりたいことを、思いつく限り書きだしてみましょう。どんな小さな願い事でも、無謀と思えるような夢でも構いません。やりたいことは、文字にして可視化することで、実現にぐっと近づきます。

とりあえず、今後3年間でやりたいことを書いてリスト化してみましょう。「仕事」「健康」「美容」「欲しいもの」「金銭」など、カテゴリー分けして考えると書きやすいです。友達との口約束や、いつか会いたい人を書くのも◎。

大切なのは具体的に書くこと。例えば「旅行する」だけでなく、「イタリアに5日間旅行に行く」など、やりたいことを具体的にすることで、実現のために今何をすべきかが自然と見えてくるのです。

2.やめたいことを書き出す

Apple社の共同設立者の一人で元CEOのスティーブ・ジョブズは、こんな名言を残しています。「方向を間違えたり、やり過ぎたりしないようにするには、まず"本当は重要でも何でもない1,000のこと"に『ノー』と言う必要がある」。

やめたいことを決め、あなたの人生から無駄を省きましょう。すると、時間にも心にも、「ゆとり」と「空白」が生まれます。お金の無駄使いも防げるかもしれません。無駄を捨てて生まれた余裕は、本当にやりたいことの実現に活かせます。

「お酒の飲み過ぎをやめる。2杯まで」「プライベートで『憂うつだな』思う予定はいれない」「SNSをダラダラ見続けない」など、こちらも思いつく限り書いてみましょう。

記事に関するお問い合わせ