無料の会員登録をすると
お気に入りができます

正月太りも“むくみ”が原因?冬のむくみ解消「ストレッチ&マッサージ」11選

ビューティ

正月太りは“むくみ”が原因かも!

難しくない簡単ストレッチでむくみ解消♡

年末年始の食べ過ぎ、暴飲暴食で太ってしまった人はいませんか?正月太りはいろんな物の食べすぎで塩分過多になり、体に水分がたまってしまっている“むくみ”が原因かもしれません。

Kathrin Ziegler / Getty Images

とはいえ、ゆったり過ごしたお正月明けに、いきなり激しい運動をしたくはないですよね。そこで、簡単にできる“むくみ”解消ストレッチ&マッサージをご紹介します。

まずは全身のストレッチ

1.上半身は背骨を意識するストレッチ

まずは全身をほぐしていきましょう。上半身では背骨を意識して、ひとつひとつの骨を動かすようにすると柔軟になります。準備運動がてら体をほぐしていきましょう。体がかたいと感じる人は、右にスワイプしたストレッチ動画を実践!

①四つん這いになり、背中を丸める。
②あぐらになり、胸を開くように上半身をねじってキープ。
③膝立ちになり、体を横に倒して、横側を伸ばす。
④四つん這いになり、背中を反る。
⑤四つん這いのまま、胸下を上下左右に回す。

2.下半身は股関節から上下左右にストレッチ

下半身のストレッチでは股関節がポイント。リンパ節がある場所で、ほぐすとリンパの巡りや血流がよくなり、下半身のむくみが解消されます。各15~30秒ずつ、上下左右いろんな角度から股関節をほぐしていきましょう。

①脚を前後に伸ばし、前はひざを横90度に曲げてキープ。
②脚を前に伸ばし、片足を反対側のひざにのせて、腕を前に伸ばしながら上体を前に倒してキープ。
③仰向けになり、ひざを抱えるように片足を上に伸ばしキープ。
④そのひざを反対側に倒してキープ。
⑤足裏を合わせて座り、上体を前に倒してキープ。
⑥片足を伸ばし、手を上に伸ばしながら横に倒してキープ。
⑦脚を前後に伸ばし、前脚はひざを曲げ、後ろ脚も曲げてお尻あたりでキープ。

朝起きて顔パンパン解消の小顔マッサージ

3.プッシュ&スルーの小顔マッサージ

朝起きて顔がパンパンなのもむくみが原因なので、マッサージをして小顔を目指しましょう。顔をスルー=すべらせるときは肌の刺激になるので、オイルですべりをよくすると◎。スワイプしてひとつひとつの手順をチェックしてみてください。

①目頭から小鼻まで4~5点を指でプッシュ×3セット。
②小鼻の横から頬骨に向かって指でプッシュ。咬筋(こうきん)をぐりぐりと3回まわす×3セット。
③あごからエラのフェイスラインを親指と人差し指で挟む。
④咬筋(こうきん)をぐりぐりと3回まわし、押し上げるように10秒キープ。
⑤手をチョキにして、フェイスラインを挟むように下から上にリンパを流す。
⑥耳下から肩までリンパを流す。
⑦肩のもこっと上がった部分(僧帽筋)も上から下にリンパを流す。
⑧顔を横にねじって、首のサイドを手で挟みながらほぐす。
⑨首の根元から鎖骨前(胸鎖乳突筋)を挟みながらほぐす。
⑩鎖骨の上下を中央から外側にリンパを流したり、押したりする。
⑪指4本で反対側のエラをつかみ、胸鎖乳突筋を伸ばすように倒す。

記事に関するお問い合わせ