無料の会員登録をすると
お気に入りができます

三浦大知の“巧妙すぎる”作戦「まんまと引っかかってる!」

昨年末に紅白の初出場も果たし、抜群の歌唱力と卓越したダンス技術で国内でも傑出した存在となっている、三浦大知さん。三浦さんのステージを長年ともに作り続けるほか、いち“ダンサー”の域を超えて世界を舞台に活躍する4人組ダンスパフォーマンスチーム、s**t kingz(シットキングス)。ダンスを選んだ2組のスペシャルトークをお届けします。

カルチャー

――三浦さんがシットキングス(シッキン)と共演したいと思ったきっかけは何でしたか?

三浦:すごいダンスユニットがいるという噂を聞き、クラブのショーを見に行ったんですよ。ダンスのうまさはもちろんだけど、4人はすごく仲がいいし、家族のような空気感がいいなぁって。それでNOPPOさんに『Inside Your Head』(2008年リリースのシングル)のMVに出演していただいて、続いてのイベントは全員一緒に出たんだよね。

shoji:オファーをいただいたときは、ワオ! 僕らが昔から憧れていた大知君と共演! そこに行っていいんですかー、って、相当興奮しました。

Kazuki:知り合う前はめちゃライバル視していたんですよ。オレらはアンダーグラウンドで頑張るから、メジャーでどうぞ、って。でもいざ会ってみたら、ヨロシク~、と一瞬で気持ちが変わった(笑)。

三浦:そうだったんだ(笑)。

NOPPO:大知は接し方でもなんでも、すごくダンサーを尊重してくれるんですよ。“アーティスト”という感じがしない。友達同士の感じなんです。

シッキン一同:そうそう。

Oguri:アーティストから振付をもらう経験も、大知がはじめて。普通はダンサーが先に振付して、後でアーティストさんに憶えてもらうんですが、大知のリハーサルは、本人がいないと始まらない。現場でコミュニケーションがたくさん取れるのが楽しくて。

kazuki:しかも上手な振付を持ってくるんだよね。

Oguri:自分で振付するときも、“あ、やべえ、大知の影響を受けちゃってる”って思うこともよくある。

三浦:それは僕の作戦にまんまと引っかかってる! 実は先にみんなのエッセンスをいただいているんだよ。あれ、似てる? と感じるのは、もともと4人の振りだったりするよ。

Oguri:マジで!? 巧妙すぎる(笑)。とはいえ、大知のフィルターを通して作られているので、新鮮に感じるな。

三浦:出会って10年近く経つけど、会うたびに4人それぞれが刺激を持ってきてくれるチームだよね。どこの世界でも、メンバーが固まると多少マンネリ化することがあるけど、シッキンにはそれがない。そういう関係があるから楽しいし、一緒に踊れる喜びを感じるんです。

――三浦さんの作る振付は、やはり歌を第一に考えたものなのでしょうか?

三浦:歌のためのダンス、が大前提ですが、その感覚が彼らと似ていると感じています。普通は、いい意味でも悪い意味でも、ダンサーによって聴いている音が全く違うと感じるのですが、4人とは感じているものがとても近い気がします。

shoji:普通、昔作った振付の曲を踊ると、“この感じ、ちょっと恥ずかし~!”って感じることがある。でも、大知が振り付けた曲って、振りが古いと感じたことがないんですよね。毎回、その時どきの新しいエッセンスが入っているのに、古くならない。それってすごいことだと思う。

Oguri:ベーシックなことを大事にしているからかな。基本がなくて中途半端な振付だと、踊っていても楽しくない。大知の振りは、いつ踊っても古さを感じないんだよね。

三浦:おおー。ここはぜひ詳しく書いておいてくださいね。

シッキン一同:(笑)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ