無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「優柔不断」な人は必見!今すぐ決断するための9つのポイント

いつも「どうしよう…」と迷ってしまう優柔不断な方はいませんか?迷い始めるといつまでも考えてしまい、なかなか決断できないのではないでしょうか。そんな人が今すぐに決断できる方法をご紹介します。

2018年2月
ライフスタイル

優柔不断をなんとかしたい!

決断力を身につけるべし

Photo by mari lezhava / Unsplash

優柔不断な性格でお悩みの方はいませんか?決断したいのに時間がかかってしまう、というのも優柔不断な方にありがちな悩みです。そこで、優柔不断な人の特性を振り返りつつ、今すぐ決断ができる方法を解説します。

1.基本は“自分で”決める

自信と責任感を持つ

まず、“自分で”決断するという意識を持ちましょう。他人に何か言われても、最終的に決めるのは自分です。自分の決断に自信と責任を持ちましょう。それが大前提です。

2.自信を持つ

優柔不断を肯定的に捉える

慎重さやあらゆる可能性を模索する探究心、妥協せずベストを追求するひたむきさなど、優柔不断には長所もたくさんあります。

優柔不断な人が足りないのは自信です。これだけ良さがあることに自信を持ちましょう。そして、「熟考するタイプである自分が下した決断なのだから安心できる」と思うことが大事。この自信が決断するあなたの背中を押してくれるはずです。

3.第一印象を信じる

直感は当たっていることが多い

迷ってしまうのはいろんな情報が入ってきてしまうから。そうならないために、第一印象でビビッときた直感を信じましょう。周りの目は気にせず、自分だけを信じて、最初に「いいな」と思ったものを選べば良いのです。

Photo by Cristian Escobar / Unsplash

特に即決が求められる場合に使える方法です。食事のメニューを選ぶときや、今日着ていく服を考えるときなどに役立ちます。

4.情報を整理して優先順位をつける

条件を絞って比較する

優柔不断な人はあらゆる可能性を考えて、ベストな選択をしたいと考えています。そのため様々な情報を得ようとします。そうした情報が迷いの原因になるのです。必要以上に情報を得ないよう整理しましょう。

例えば2種類のスカートでどちらを買おうか迷っているとします。判断材料は「シルエット」「サイズ感」「色」「季節感」「トレンド」「素材」「自分に似合っているか」などありますよね。

その中で、自分なりに優先順位を決めます。できるだけ決めるポイントを絞りましょう。1つに絞るのが難しいなら3つまでにするのもありです。ポイントを絞れば、どちらが良いのかはすぐに決まるはずです。

5.メリット・デメリットを比較する

紙に書き出すとわかりやすい

優先順位と合わせて考えたいのが、メリットとデメリット。いくつかの選択肢があるなら、それぞれのメリットやデメリットを考えましょう。

先ほどのスカートで例を考えてみます。Aという選択肢は「シルエットは最高」でも「薄手で品質の劣化が早そう」とか。Bなら「トレンドを捉えている」でも「自分には似合わない」とか。

さらに優先順位と合わせてどのメリットやデメリットが大きな影響を与えるのかを考えます。そうすれば、選択は絞られるはずです。優先順位やメリット・デメリットは紙に書き出すと整理しやすいですよ。

6.ほかの人の意見を聞いてみる

客観的な意見で頭の中が整理される

悩んでいるときは自分の頭の中だけで考えてごちゃごちゃになってしまいます。そこで頭の中を整理する方法として、ほかの人に相談してみるのもありです。

相手には「〇〇を決めるために、~~ということで迷っている」と要点を伝えましょう。客観的な意見というのは、ときに自分より真実を語ることもあります。あなたが答えを出すヒントになるかもしれませんよ。

7.ベストよりもベターを選ぶ

完璧はほぼ不可能に近い

優柔不断な人は、一度決めてもさらに良い方法を追求しようとします。できるだけ完璧を求めたいのです。しかし、物事において100%はほとんどありません。70~80%であれば上出来です。

ベストを求めるといつまでも決断できません。なのでベストよりもベターを選ぶことを考えてみましょう。「絶対にこれじゃなきゃダメ!」よりも「この方が良いな」くらいの方が心の負担も減ります。

8.迷うほどにどれも素晴らしい

「どれもあり」が本音

迷うということは、どれも素晴らしい選択肢だということ。つまり、どれを選んでも同等くらいの価値があり、本音としては「どれもありだな」と思っているということなのです。

なので、迷うときはどれを選んでも大丈夫。それだけどの選択肢も素晴らしいのですから。自分の決断に大きな差異はないと思えば、肩の荷が下りて決断しやすくなるのではないでしょうか。

9.関係のないことをして脳をリセット

あえて考えないことが

決断する期限がないと、常にそのことを考えるようになってしまいます。四六時中迷い続けてしまうでしょう。そうすると深みにはまってしまいます。

そこで、全く関係のないことをして気持ちをリフレッシュさせましょう。運動したり、趣味に没頭したり、休日にぐっすりと眠ったり。そうやって脳をリセットするのです。

脳をスッキリとさせて思考に戻ると、考えがクリアになることもあります。あるいは、リセット後に感じたインスピレーションを大切にすると、その選択が正しいこともあります。1度、迷いから抜け出してみましょう。

じっくり考えて決断しましょう

優柔不断な人はよく考えて行動します。その考える力はそのままに、さらに決断できるように自分をアシストしてあげることで、もっと気持ちがラクになるはずです。

この記事を参考にして、優柔不断の良さを保ちつつ、大事な決断ができるよう行動を改善しましょう。

記事に関するお問い合わせ