無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼が満たされる夜食…10分で! フライパンだけの超ウマ「ずぼら餅丼」

忙しくて夕飯を食べ損ねてしまったまま帰宅したものの、なんだか疲れて何も作る気がしない……。彼も同じくお腹を空かせている……。インスタント食品や菓子パンに手を出す前に、10分だけお料理してみませんか。しかもフライパンひとつでOK。米を炊いたり、野菜を包丁で切ったりする必要もなし! 簡単なのにオシャレな超ウマずぼら餅丼を紹介してくれたのは、料理研究家のタド・ジュンコさん。そのミラクルなベジタリアンの超ウマずぼら餅丼の作り方、見ていきましょう!

写真、タド・ジュンコ 文、椎原茜

恋愛・結婚

(5) 餅の入った椀に4を乗せる。

(6) 海苔、ゴマなどの乾物をお好みでトッピング。

タドさん まな板も包丁も炊飯器も使わず、フライパンひとつで10分で完了するので、帰宅後のお疲れ時にも楽に作ることができます。また、肉や魚、卵なども使わないのでベジタリアンでもOK。ごま油やニンニクの香りと唐辛子がアクセントになり、簡単なのに超ウマですよ。

餅だからお腹に満足感も。胃も心も満たされるから、困ったときの定番丼になりそう。彼にも、ぜひふるまってみてくださいね。

Information

タド・ジュンコさん ワンネスフード/タド・ジュンコ健康料理スクール代表。著書『不思議と幸せを呼びこむスピリチュアルごはん』。『anemone』に料理エッセイを連載中。

http://tado-junko.com/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ