無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子供も大人も大好きな味!食べる輸血と言われる「ビーツ」のすごい効果とレシピ

レシピ

ミラクル野菜「ビーツ」が凄い!

皆さん、「ビーツ」という野菜をご存知ですか?日本ではまだマイナー野菜と言えますが、その高い栄養価と真っ赤なカブのような見た目で、最近多くの女性から支持されています。

pixabay.com

そこで今回は、栄養価から食べ方まで!もっと多くの人に知ってほしい、ビーツの魅力についてまとめました。

ビーツの栄養と効果

食べる輸血と言われるほど幅広い栄養効果が期待できる「ビーツ」。カリウム、カルシウム、鉄などミネラル類に加え、ビタミンB・C、さらに食物繊維も含まれています。

pixabay.com

ビーツを食べると血管が若返る?!

ビーツが注目を集める大きな理由となるのが、食べることで「NO(エヌオー)」と呼ばれる一酸化窒素を産生するということ!

dianazh / GettyImages

「NO(エヌオー)」が増えることで血管が健康な状態になり、基礎代謝のアップ、エイジングケアや疲労回復など様々な効果が期待できるんです!

気になる味は?

気になるお味ですが、大根に甘みがたっぷり含まれているような味です!食感も大根に近く、かなり甘めの大根と思っていただければ◎。見た目に反して、優しいお味で、癖もないのでどんな味付けでもOK。

ビーツの食べ方

その幅広い栄養成分により、様々な健康・美容効果が期待できるビーツ。気になるのは食べ方ですよね。ビーツを美味しく食べられる、おすすめレシピを集めました。

①食べる輸血スープ

recipe.rakuten.co.jp

食感も楽しめる、真っ赤なビーツのスープです。下茹での時に外皮を剥かないで茹でると鮮やかな赤になります。

レシピはこちら
記事に関するお問い合わせ