無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子供も大人も大好きな味!食べる輸血と言われる「ビーツ」のすごい効果とレシピ

「ビーツ」という野菜を知っていますか?食べる輸血と言われるほど栄養豊富で、今多くの女性から支持されている注目野菜なのです。知れば絶対食べたくなる!ビーツの魅力と食べ方をまとめました。

2018年2月
レシピ

ミラクル野菜「ビーツ」が凄い!

皆さん、「ビーツ」という野菜をご存知ですか?日本ではまだマイナー野菜と言えますが、その高い栄養価と真っ赤なカブのような見た目で、最近多くの女性から支持されています。

pixabay.com

そこで今回は、栄養価から食べ方まで!もっと多くの人に知ってほしい、ビーツの魅力についてまとめました。

Media?size=l
instagram.com

ビーツの栄養と効果

食べる輸血と言われるほど幅広い栄養効果が期待できる「ビーツ」。カリウム、カルシウム、鉄などミネラル類に加え、ビタミンB・C、さらに食物繊維も含まれています。

pixabay.com

ビーツを食べると血管が若返る?!

ビーツが注目を集める大きな理由となるのが、食べることで「NO(エヌオー)」と呼ばれる一酸化窒素を産生するということ!

「NO(エヌオー)」が増えることで血管が健康な状態になり、基礎代謝のアップ、エイジングケアや疲労回復など様々な効果が期待できるんです!

気になる味は?

気になるお味ですが、大根に甘みがたっぷり含まれているような味です!食感も大根に近く、かなり甘めの大根と思っていただければ◎。見た目に反して、優しいお味で、癖もないのでどんな味付けでもOK。

ビーツの食べ方

その幅広い栄養成分により、様々な健康・美容効果が期待できるビーツ。気になるのは食べ方ですよね。ビーツを美味しく食べられる、おすすめレシピを集めました。

①食べる輸血スープ

recipe.rakuten.co.jp

食感も楽しめる、真っ赤なビーツのスープです。下茹での時に外皮を剥かないで茹でると鮮やかな赤になります。

レシピはこちら

②デリ風ボルシチスープ

cookpad.com

スプーンで気軽に食べられる、デリ風ボルシチ。ビーツの色と甘みをたっぷり楽しめるスープです。甘みがあるのでサワークリームなどの酸味を加えても美味しいです。

レシピはこちら

③赤ビーツの簡単サラダ

cookpad.com

赤いビーツは貴重なベタシアニン(ポリフェノールの1種)も豊富。ほんのり甘いので生でも食べやすく、シンプルなサラダでも美味しく頂けます。パクチーが苦手な方はパセリや大葉を使っても良さそうです。

レシピはこちら

④ビーツのピクルス

oceans-nadia.com

ビーツを酢漬けにしてさらに疲労回復効果アップ!ピクルスにして常備しておくと、そのまま食べてもサラダにも使えるので便利です。酢はお好みの種類でOKですが、透明なものがきれいなピンク色になるのでおすすめです。

レシピはこちら

⑤ビーツ入りのポテトサラダ

recipe.rakuten.co.jp

いつものポテトサラダも、ビーツを加えれば可愛い赤紫色のポテトサラダに大変身!「いつものと違うサラダにしたいな」と思った時にぜひ作ってみて下さい。

レシピはこちら

⑥ビーツでルビー色のリゾット

oceans-nadia.com

ビーツを使った、きれいなルビー色のリゾットです。野菜ダシは市販のものでOK。リゾットの余熱で溶けたモッツァレッラを絡めて食べると絶品です!

レシピはこちら

みんな楽しんでるビーツ料理♡

Media?size=l
instagram.com

ビーツを使ったスムージー。ビーツの赤とスピルリナのグリーンがとても鮮やかです!いつでも使えるように生のビーツを冷凍しているそうです。

Media?size=l
instagram.com

ビーツを入れれば簡単なサラダも一気におしゃれに。こちらは作りかけらしいですが、すでに色鮮やかできれいです!

Media?size=l
instagram.com

こちらは、見た目も美しいビーツのポタージュ。ミキサーを使うことでなめらかに仕上がります。

毎日の食卓に「ビーツ」を♡

生でも茹でても焼いても美味しく食べられるビーツ。スーパーにはなかなか置いていないので、通販などで手に入れている方が多いそう。

Photo by Stacy Spensley

幅広い栄養成分を持つビーツは、まさに「食べる輸血」「ミラクル野菜」!ぜひ毎日の食卓に取り入れたい野菜です。気になる方は、ここで紹介したレシピを参考に自宅で調理してみて下さいね。

記事に関するお問い合わせ