無料の会員登録をすると
お気に入りができます

昔のテクじゃもう通用しない!アラサーこそ心得たい「モテ仕草」5つ♡

一般的な「モテ仕草」と言われるものを、アラサーになった今も、やり続けていませんか?実はそれ、思いっきり逆効果になっている場合も!そこで今回は、アラサー女性がやるべき年相応のモテ仕草をご紹介したいと思います。

2018年2月
恋愛・結婚

最近めっきりモテなくなった…

「20代の頃はそこそこモテていたのに、アラサーに突入してからお誘いが一気に減った…」と悩んでいませんか?若い時は大して努力しなくてもモテていたかもしれませんが、年を重ねるとそれも難しくなってくるもの。

特に、30歳という大きな節目を迎えると、よりモテなくなったと実感する方もいたり。今回は、そんな悩めるアラサー女性のために、男性の心をつかむための年相応の「モテ仕草」をご紹介したいと思います。

そもそも「モテ仕草」って?

意外と女性の一つひとつの仕草や行動をしっかり見ている男性も多いもの。相手が彼女でなくても「もしこの人が自分の彼女(奥さん)になったら…」と想像しながら接する男性も多いのだそう。

でも、最初から全ての仕草や立ち居振る舞いを完璧にこなそうと思うとなかなかハードですし、面倒くさくなってしまいますよね。しかしある一点だけ気をつければ実はOKなんです。ズバリ、アラサーが意識すべきモテ仕草は、「きちんとしている」かどうかがポイント!

若さやキャピキャピとした感じを前面に出すのではなく、ここぞという場面でさり気なく「きちんとしている」感を出し、女性らしさと華やかさを意識することが大切です。

これだけは押さえて!アラサーからの「モテ仕草」

1. たまには恥じらう姿を見せる

「恥じらう女性」が好きな男性が多いようです。ついつい大口を開けて豪快に笑ってしまったり、足を全開にして座ったりしていませんか?

Photo by Cody Black / Unsplash

経験を積んだアラサーにもなると、同僚や仲良しメンバーの前だとつい油断して、モテ仕草とはほど遠い女子力の低い行動を無意識にとってしまいがち。笑う時は、手で口を隠すだけで上品な色気を醸し出すことができます。

また、いつもパンツスタイルの方はたまにスカートをはいて足元を意識すれば、自然と足を閉じる癖が身につきます。デート中に手を繋いだりキスをしたりした後など、わざと恥じらいを見せるのもおすすめですよ。

2. いつも笑顔を忘れない

モテる女性の最大の要素といえば「笑顔」。余裕のある笑顔でいるだけで、周りの男性からグッと話しかけやすくなる不思議な魔法です。いつも無表情でブスッとした顔だと、それだけで男性を遠ざけてしまうことに。

Photo by Andrew Dong / Unsplash

だからといって、いつもヘラヘラと笑ったらいいのではなく、口角を上げて目尻を少し下げるといった“微笑み”程度がベスト。慣れるまでは少し大変かもしれませんが、鏡の前でぜひ練習してみてくださいね。

3. 美しい姿勢を意識する

モテ仕草の中でも一番手っ取り早いのが、美しい姿勢を意識すること。背筋をピーンと伸ばして歩いたり座っていたりするだけで、その人の印象はガラっと変わります。

長時間座っていたり会話に夢中になったりすると、つい姿勢が崩れてしまいがちですが、アラサー女性は可愛さはもちろん、「美しさ」に磨きをかけることもお忘れなく。凛とした姿勢美人は、魅力度もアップしますよ!

4. 食事はきれいに

食事のマナーや所作は、アラサーになったらしっかり身につけておきたいですよね。いくら外見に気を使っていても食べ方がお粗末なだけで、一緒にご飯を食べている男性はきっと幻滅してしまうでしょう。

Photo by rawpixel.com / Unsplash

食事中は、クチャクチャと音を立てて食べていないか、食べ終わった後はテーブルが汚れていないか、食べかすが歯についていないかなど、清潔感や最低限のマナーは守っておきたいところ。また、好き嫌いもほどほどに。

5. 丁寧な言葉遣いを心がける

「マジで?」や「うまい!」「やばーい」など、ちょっとした相づちや返事の中に出てきていませんか?これら若者言葉はアラサー女性にとってふさわしい言葉遣いではありません。少しずつ卒業していきましょう。

Photo by Savs / Unsplash

言葉遣いをキレイにすると、自然としぐさや所作も美しくなっていくと言われています。言葉と行動は連動するので、ぜひこのシンクロを楽しむ意味でも、普段の生活から意識してみてくださいね。

大人の仕草で媚びずにモテる♡

上目遣いやボティタッチなど、若い女性がするモテ仕草は、アラサーになれば通用しません。上辺だけのテクではなく、本質的な女性のさり気ない仕草で男性との少しずつ距離を近づけてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ