無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2021年開運]全国から送っていただけるお守り袋8選!今だから結べるご縁を。

お守り、絵馬、御朱印などの授与品は、本来は寺社にきちんと参拝していただくべきもの。しかし、なかなかお参りできない今、寺社とのご縁を繋いでおければ、心強く過ごしていけそう。いつでも身につけておけるお守り袋は年に一度、気持ちを新たに授かりたいもの。そこで今回は送っていただけるお守りをご紹介します。12月28日(月)発売 Hanako1192号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届け。

旅行・おでかけ

晴明神社(せいめいじんじゃ)の「陰陽守」/京都

石上神宮(いそのかみじんぐう)の「御神劔守(ごしんけんまもり)」/奈良

近江神宮(おうみじんぐう)の 「ときしめすお守り」/滋賀

護国神社(ごこくじんじゃ)の「大丈夫守(ますらを)~いろいろ大丈夫~」/福井

氣多大社(けたたいしゃ)の「心むすび守」/石川

善光寺(ぜんこうじ)の「開運福福守り」/長野

明星輪寺(みょうじょうりんじ)の 「安眠健康守り」/岐阜

大前恵比寿神社(おおさきえびすじんじゃ)の 「金運・開運・幸運守」/栃木

1.晴明神社(せいめいじんじゃ)の「陰陽守」/京都

平安時代の天文学者、安倍晴明公を祀る神社。式神を思いのままに操れた晴明公にお祈りすれば、さまざまな災いから身を守り、病気や怪我が治ると信じられてきた。こちらでは一部のお守りを郵送していただくことができ、なかには夫婦和合・縁結びの御利益がある陰陽守も。太極図は陰陽男女を表している。HPでダウンロードした申込書を同封して現金書留にて受付、初穂料1,000円。
■075-441-6460

■https://www.seimeijinja.jp/

https://www.seimeijinja.jp/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ