無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2021年開運]全国から送っていただけるお守り袋8選!今だから結べるご縁を。

旅行・おでかけ

お守り、絵馬、御朱印などの授与品は、本来は寺社にきちんと参拝していただくべきもの。しかし、なかなかお参りできない今、寺社とのご縁を繋いでおければ、心強く過ごしていけそう。いつでも身につけておけるお守り袋は年に一度、気持ちを新たに授かりたいもの。そこで今回は送っていただけるお守りをご紹介します。12月28日(月)発売 Hanako1192号「幸せをよぶ、神社とお寺。」よりお届け。

2.石上神宮(いそのかみじんぐう)の「御神劔守(ごしんけんまもり)」/奈良

主祭神の一つ、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)は、国土平定の際、武甕雷神(たけみかづちのかみ)によって偉功をたたえた神剣「韴霊(ふつのみたま)」に宿る神。それにあやかり、石上神宮では剣がモチーフの授与品が用意されている。起死回生の御利益があるとされ、迷いを断ち切ったり、ピンチの時の助けとしたり、心強い存在になりそうだ。電話で受付、初穂料1体1,000円。
■0743-62-0900

■http://www.isonokami.jp/

http://www.isonokami.jp/

3.近江神宮(おうみじんぐう)の 「ときしめすお守り」/滋賀

大化の改新や近江大津宮への遷都など数々の大きな決断をし、その後の日本の未来を指し示した天智天皇を祭神に祀っている。それにあやかり、開運への道を説き示す時の神様、導きの神様としての御神徳が高いとされる。ときしめす守りは「進むべき時を示し、進むべき道を説き示す」天智天皇の決断力のように、一瞬のチャンスをものにする御利益があるもの。電話で受付、初穂料1,000円。
■077-522-3725

■http://oumijingu.org/

http://oumijingu.org/

4.護国神社(ごこくじんじゃ)の「大丈夫守(ますらを)~いろいろ大丈夫~」/福井

力強い刺繍のメッセージが、背中を押してくれたり心に寄り添ってくれたり、パワーを感じられる。お守りの内符(御神札)には、人間国宝の和紙職人・岩野市兵衛さんによる手漉きの和紙が。神様との縁が切れないように、と厚みを持たせた破れにくい奉書となっている。写真は身につけやすいサイズ「中」で、紐の色は5種。ほかに大や布地が水色のものなどあり。電話で受付、初穂料800円。
■0776-22-5872

■https://www.fukuigokoku.jp/

https://www.fukuigokoku.jp/

5.氣多大社(けたたいしゃ)の「心むすび守」/石川

能登国の一の宮である氣多大社には、「入らずの森」と神聖視される社叢があり、それはまた国の天然記念物にも指定される貴重な存在。近年では縁結びの御利益が評判を呼び、全国からお礼の報告が集まってきている。コロナ禍において、オンラインで授与品を受けられるWebページを開設。お守りのほか、お札や神矢、熊手なども授与してもらえる。専用Webページで受付、初穂料500円。
■0767-22-0602

■https://ketataisya.buyshop.jp/

https://ketataisya.buyshop.jp/

6.善光寺(ぜんこうじ)の「開運福福守り」/長野

644年の創建以来、1,300年以上の長きにわたり人々の信仰を集めてきた、信州の善光寺。江戸時代には「一生に一度は善光寺」と憧れの対象になり、本尊の一光三尊阿弥陀如来は絶対秘仏にて祀られている。HPでは祈祷札やお守りなど30種以上の授与品を紹介。コロナ禍での特別な送付対応を実施している。電話(善光寺事務局 授与品課)で受付、代引きで送付。700円。
■026-234-3595

■https://www.zenkoji.jp/

https://www.zenkoji.jp/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ