無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これをやったら一発退場!男性から“めんどくさ認定”される「恋の駆け引き」って?

恋の駆け引きはときに有効ですが、逆に自分の気持ちが伝わらない場合も。ストレートに思いをぶつけた方が良いこともあるようですよ!男性から「めんどくさい…」と思われてしまう、恋の駆け引きを見直しておきましょう。

2018年2月
恋愛・結婚

恋愛は駆け引きが必要?

やりすぎると「めんどくさ認定」されるかも

恋愛にはときに駆け引きが必要なこともあります。しかし、何でも相手の気持ちを見定めたり試したりしようとして、過剰な駆け引きになってしまっていることもあります。

Photo by Rakicevic Nenad / Unsplash

そんなやり方だと男性に「めんどくさ認定」されてしまうかもしれません。そこで、男性が面倒だと思っていたり、実は嫌がっている恋愛の駆け引きをピックアップ。改善策もあわせてチェックしていきましょう。

1.そっけない態度で接する

「会わない」「連絡もない」の結末は別れ

あえて彼の誘いを断ったり、会うのを避けたり、自分から連絡しなかったり。そっけない態度で男性から追いかけさせようとする恋愛の駆け引きがあります。しかし、相手は拒否されたと感じて、これ以上は踏み込んできません。

特に付き合う前にアプローチをされている段階で、相手に気があるのにそっけない態度で接してしまうと、男性側は諦めてしまいます。好きな相手にはきちんと好きと伝わるアプローチをしましょう。

2.好きな人の前だと態度が違いすぎる

自分は自分のままで勝負

好きな人の前でドキドキして、ちょっとだけ特別扱いするとか、ずっと見てしまうとか、そういう気持ちが溢れてしまうことは悪いことではありません。好きだという気持ちをアピールするのは大切ですしね。

ただ、自分の素を隠しすぎて全然違うキャラを演じたり、好きな人以外には冷たくしたりすると、意中の彼も驚いてしまうかも。裏表が激しい人だと思われると、恋愛対象からは外れてしまうかもしれません。

あまり自分を飾りすぎず、等身大でいきましょう。素の姿を好きになってくれた人こそ、あなたのことを本当に好きだと思ってくれる人です。また、周囲の人には分け隔てなく接するようにもしましょう。

3.彼の愛情を試す

彼の愛情を信じて

わざと困らせることを言ったり、わがままを言ったりして相手の反応を見る。そんな、相手を試す態度を取っていませんか?

記事に関するお問い合わせ