無料の会員登録をすると
お気に入りができます

部屋がごちゃごちゃしてしまう...。“すっきり収納”アイデア実例集

インテリア

かさ張りがちなものってどうしてる?

ものの少ないお部屋は確かに憧れはしますが、実際に実行しようとなると、実は必要なものばかりで減らせないことにストレスを感じる方も多いようです。

でも大丈夫。無理してものを極限まで減らさなくても、今あるものを「すっきり見せる」方法はたくさんあります。

すっきり収納の3大原則は?

1.仲間を集めること
2.カラーなどで統一感を出すこと
3.使い勝手をよくする工夫をすること

この3つのルールを意識して片付けるように心がければ、自然とお部屋はすっきりしてきます。

そこで今回は、お家の中でついついたまってしまうもの、かさばりがちなものの素敵な収納例を種類別に集めてみました。100均グッズを使用しているものもたくさんあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

リビング&ダイニングほか

1.ペーパーバッグでおしゃれに目隠し

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

100均でも販売されているペーパーバッグは、ゴミ箱を隠したり、脱いだものをいれたりとリビングやダイニングで何かと重宝するアイテムです。ナチュラルなデザインのものが多く、インテリア性も抜群です♡

2.シューズボックスを統一

シューズボックスは、カラーを揃えるだけで統一感がでます。通販でもクラフト製や半透明のポリプロピレン製など、色んな素材のものが揃っているので、チェックしてみてくださいね。

3.書類はお揃いのケースに保管

テキストや説明書、契約書など、多岐にわたる書類はお揃いのファイルやボックスに量に応じて収納するとスッキリ!ナンバリングやタイトルをつけておくと、どこに何があるか一目瞭然です。

記事に関するお問い合わせ