無料の会員登録をすると
お気に入りができます

またあの子と話したい!男性が「なんかいいな」と思う魅力的な女性の話しかた

男性が女性に好意を持つ時は、外見が気に入った時だけではありません。「なんか色気があるな、いいな」と思われる話し方を身に付けて、モテる会話美人になりましょう。

2018年5月
恋愛・結婚

魅力を感じさせる話し方してる?

そんなに美人というわけでもないのに、やたら男性にモテる女性がいますよね。そんな女性は、話し方で男性を惹き付けている場合も多いものです。

ここでは、会話をしている時に男性が「なんか色っぽい」「この女性、いいな」と感じてしまうような話し方について紹介します。初対面の男性や気になる男性と話す時、実践してみてくださいね。

1.笑顔や笑い方にバリエーションを

会話している時、女性が笑顔でいてくれると男性は安心してもっと話したいと思うようになります。「自分のことを受け入れ、肯定してくれている」「今の会話を楽しんでくれている」と感じるからです。

その中でも、特に楽しい話題の時にはとびきりの笑顔にして声を出して笑うとか、デリケートな話題や恥ずかしい時には控え目に微笑んだり、照れ笑いをするなど、内容に応じて笑顔を使い分けると効果的です。

男性と話をする時は、このように、その内容に合わせて笑顔に強弱を付けながら会話をするように心がけてみてください。色んな笑顔を見せてくれるあなたに、好感度もグッと上がるはずです。

www.pexels.com

また笑顔だけではなく、笑い方、笑い声も意識してみましょう。いつも「あはは」と笑っていればいいというわけではありません。時には声を出さずに微笑んで見せるだけだったり、その時も、あえて相手の目を見たり、目を伏せたり…。

「うふふ」と意味深に笑ったり、「やだ~♡」と可愛く少女のように笑ったりと、色んな笑い方が出来るはずです。会話の内容に合っていれば、男性にとって違和感を感じるどころかとても魅力的に映りますよ。

2.声色を使い分ける

ずっと同じトーンで話しているよりも、これも内容によって声色を使い分けるようにすると魅力的です。明るい話題の時はもちろん明るいトーンで、そして秘密めいたことを話したい時には、声のトーンを落としてみましょう。

同時に声の大きさも小さくして、男性の顔にグッと近付いて話すようにすると、ドキドキしてしまうでしょう。時には小さな声で急に内緒話のようにされたり、いつもより低い声で話されると「色っぽい」と感じるのです。

3.相槌の時も表情に変化を

男性が話している時、上の空になっていたり、スマホや時計に目をやるようではガッカリさせてしまいます。相手が話している時は、相槌はちゃんと打つようにしましょう。

そうすることで、しっかり自分の話を聞いてくれていると安心して、気持ち良く会話を続けることが出来ます。相槌を打つ時もやはり、会話の内容に合わせて、笑顔になったり、悲しそうにしたりと表情を使い分けましょう。

4.適度に質問を挟む

男性が話したことで、分からないことや不思議に思ったことがあったら、どんどん質問しましょう。ただ、質問攻めにならないように、男性の話が一段落付いた時などタイミングを見極めてくださいね。

「それって、どういうことなの?」とか、「その時◯◯くんはどう思ったの?」などと質問されることで、男性は自分の話に興味を持ってくれていると感じて嬉しくなり、あなたと話すのが一層楽しくなるのです。

5.エッチな話題への対応は?

男性がエッチな話題を振ってきて、対応に困ることもあるかもしれません。しかし、色っぽい女性だと思わせたいならそんな話題にあからさまに嫌な顔をしたり、黙り込んでしまうのは得策ではありません。

www.pexels.com

少しくらいなら乗っても良いと思えたら、恥ずかしそうに少しだけ付き合ってあげて、「それ以上は無理!」と顔を隠すようにすると男心をくすぐるでしょう。また、答えたくなければ「内緒♡」と濁すだけでも色気がありますよ。

6.近付いたりスキンシップをしたりする

話している時に、周りが騒がしくてよく聞こえないならば、それを理由にもっと彼に近寄ってみるのも素敵です。対面していたのに、隣に座りに行くのも良いですね。

そして隣に座ったら、肩を軽くポンとしたり、そっと腕に触れるなどのスキンシップも取りやすくなります。会話の内容に合わせてポイント的に行うようにすれば、いやらしさがなく色気を感じさせられます。

会話で心の距離を近づけよう

男性と会話する時に、これらのことを意識してみることで、相手の反応が今までとは違ってくるかもしれません。ただ何気なく話すよりも、あなたの魅力や色気が伝わりやすくなるからです。

www.pexels.com

ぜひ実践して、彼との心の距離をグッと近づけてみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ