無料の会員登録をすると
お気に入りができます

失敗が怖い!「優柔不断」な人が陥りがちな悩み9つを解決します

「どうしよう…」と長く迷ってしまう優柔不断な方。そんな性格だからこそ、悩んでしまうこともあるのでは?そこで、優柔不断な人が陥りがちな悩みを解決する方法をご紹介します。

2018年2月
ライフスタイル

優柔不断なそこのあなた

こんなことでお悩みじゃない?

決断するまで時間がかかる、迷ってしまうと深みにはまる、そんな優柔不断な方へ。他にも悩んでいることがたくさんあるのではないでしょうか?

Photo by Ben White / Unsplash

そこで、優柔不断な性格だからこそ陥ってしまう悩みをピックアップし、解決する方法やヒントをご紹介します。

1.過去を何度も思い返してしまう

良くなる未来を考える

優柔不断な人は選択をしても、後から「本当はこうした方が良かったのかも」と何度も思ってしまう傾向があります。ただ当たり前ですが、過去は取り返せません。未来しかどうこうすることはできないのです。

どうして良くないと思ったのか、次はどうすれば良いのかを考えて未来に活かしましょう。また、人間は「やった後悔」より「やらなかった後悔」の方が大きいそうです。

次の選択をするときのヒントとして、我慢するよりも「こうしたい!」と思っている気持ちを大切にした方が、後悔は小さいかもしれませんよ。

2.一度決めてもまた迷う

誰かに話して背中を押してもらう

優柔不断な人は選択をしても、選択しなかった方の良さを見出してしまい「決めた!でもやっぱりこっちの方が…」とまた迷ってしまうことが多いです。その理由は自分の判断に自信がないから。

そんな時は、誰かに相談しましょう。相手に迷っていたことやどういう理由で選択したのかを説明します。「それいいね」と同意してもらえれば、「判断は間違ってなかった」とあなたの自信になり、決断ができるはずです。

3.「なんでもいい」という口癖

選択肢を増やして具体的に伝える

誰かに何かを提案されて「なんでもいい」と答えていませんか。実は優柔不断な方に多い口癖です。あなたが本当に何でも良いとしても、判断を任された方としてはいつも考えなければならず大変です。

記事に関するお問い合わせ