無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってた?家電の正しい使い方~テレビ・ドライヤー・アイロン編~

ライフスタイル

家電は正しく使うべし

安全・節約にもつながる

毎日使う家電の使い方をきちんと知っていますか?当たり前だと思い込んでいることが実は間違っていたり、意外と知らない使用法があったりするものです。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

正しく使えば安全性UPや節約にもつながります。そこで、正しい家電の使い方をご紹介します。今回はテレビ、ドライヤー、アイロンについてです。

テレビ

置く場所で気をつけること

テレビを置く場所として気をつけておきたいことをピックアップしました。実際に事故が起きて危険なケースもあるので、気をつけましょう。

・不安定な場所はNG…転倒で故障やケガの原因になります。
・水気は避ける…お風呂場などで使いたいときはお風呂用の防水テレビを使用。
・直射日光を避ける…品質の問題のほか、テレビ画面が見づらくなります。
・コードがテレビ台の下敷きにならないように注意する…コードが損傷して故障や火災につながります。

明るさ・音量・電源調節で消費電力の節約

テレビは使い方次第で節約できます。明るさや音量を抑えると消費電力が下がるのです。明るすぎないか、音は大きすぎないか確認して、見やすい明るさや聞きやすい音量にしましょう。

長時間使用しないときは、本体の電源を切るとOK。わずかですがリモコン受信のための消費電力を下げることができます。

ただし、テレビで番組表を表示したり録画をするタイプだと、電源を切るとできなくなってしまうこともあるので気をつけて。取扱説明書をきちんと読みましょう。

テレビ画面は優しく掃除

テレビ画面にほこりや汚れが付いているなら掃除をしましょう。しかし、除菌ウェットティッシュや洗剤クリーナー、濡らして絞った雑巾などを使うのはNG。ディスプレイ画面は繊細で、傷つけてしまう可能性があります。

ほこりがついたまま擦ってしまうと傷つく可能性もあるので、まずは柔らかい毛先のブラシ・ハンディモップなどでほこりを取ります。ほこりは画面を暗く見せてしまうので、掃除することで節約にもなりそうです。

記事に関するお問い合わせ