無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってた?家電の正しい使い方~テレビ・ドライヤー・アイロン編~

家電は正しく使うことで、安全性を保てたり、節約できたりとメリットがたくさんあります。そこで、あまり知らなかった、家電の使い方をチェック。テレビ・ドライヤー・アイロンについて解説します。

ライフスタイル

次に表面の汚れを落とすのには柔らかい布を使います。メガネなどを拭くときに使う「クリーニングクロス」がおすすめです。何度も軽く拭くようにすれば、キレイになります。画面のお手入れはこれで完了です。

サンワサプライ OAホコリキャッチャー Lサイズ (ブルー) CD-BR11BLN

サンワサプライ

¥ 778

パソコン用のホコリを取るアイテムですが、ディスプレイ画面で使えるので、テレビ画面にも使用できます。ほこりをさっと拭き取りましょう。

商品詳細
サンワサプライ OAホコリキャッチャー Lサイズ (ブルー) CD-BR11BLN
www.amazon.co.jp
商品詳細

TV トレシー® Lサイズ 35x50cm

TORAY

¥ 1,316

テレビ画面の汚れを拭き取るのに最適なクリーニングクロスです。大画面用に大きいサイズで扱いやすいですよ。

商品詳細
TV トレシー® Lサイズ 35x50cm
商品詳細

転倒防止金具を装着する

薄型テレビは衝撃で倒れる可能性もあります。地震の揺れで倒れたり、子どもやペットが誤ってぶつかって倒してしまうこともあります。故障だけでなくケガの危険もあるのです。

www.amazon.co.jp

それを防ぐために転倒防止金具を装着しましょう。これだけでも故障やケガのリスクが減ります。

ドライヤー

温風のときは冷風にしてから電源を切る

ドライヤーを使って電源を切るときに節電のチャンスがあります。温風からそのまま電源を切るよりも、温風を冷風にしてから電源を切る方が家電の寿命が伸びるのです。

温風で高温になっている内部のヒーターを、冷風でクールダウンさせてから電源を切ることで負担が減ります。髪を乾かすときは8~9割を温風で、仕上げは冷風で使用するとツヤ感がでて仕上がりも良くなるそうです。

コードのねじれに注意

コードを束ねたまま使用するのはNG。火災や感電の原因になります。また、使った後にドライヤーにコードをぐるぐると巻き付けるのもNG。コードを傷つける原因になって危険です。

ほかにもコードがねじれていたり、結ばれてしまったりしても危険なので、コードは丁寧に扱いましょう。

吸込口・吹出口のほこりを取る

吸込口や吹出口にほこりがついていると、異物が入り込んで故障や不具合の原因になります。月に1度はお手入れをしましょう。

記事に関するお問い合わせ