無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってた?家電の正しい使い方~テレビ・ドライヤー・アイロン編~

ライフスタイル

吸込口は歯ブラシやティッシュ、吹出口は綿棒などを使ってほこりを取ります。ドライヤーの種類によって適切なお手入れ方法があるので、取扱説明書をしっかりと読みましょう。

アイロン

余熱を利用して節約に

アイロンは電源を切っても温かいですよね。その余熱を利用すれば、ハンカチ数枚はアイロンをかけられます。なので、最初に衣服などにアイロンを使って、電源を切ってから小物に使うと節約になりますよ。

水は1度で捨てる

スチームのためにアイロンに水を入れますが、これは1回ごとに捨てて、内部をきちんと乾燥させましょう。水を入れたままにしておくと、水垢がたまって目詰まりを起こす原因になります。

衣類に水垢がついてしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

ベース面のお手入れ

アイロンを使用しているとベース面に焦げが付着することもあります。そのまま使うと衣類に汚れがつきますし、滑りが悪くなることもあるのです。

焦げがついたら手入れをしてキレイにしましょう。酢や重曹を布に含ませたものや、メラミンスポンジでこすることで、焦げが落ちますよ。

スチーム穴のお手入れ

スチームの穴が目詰まりしてしまったときのお手入れもチェック。まずは濡れた雑巾でベース面全体を拭きます。

次に麺棒などでスチーム穴の目詰まりの汚れを取りましょう。取れにくいときは麺棒も水で濡らすと良いです。清潔に保つことで品質も長持ちします。

家電は正しく賢く使いましょう

Photo by Crew / Unsplash

家電の使い方について、いかがでしたか?ちょっとした心がけで安全になり、節約にもつながります。各家電の取扱説明書をよく読み、正しく賢く使いましょう。

記事に関するお問い合わせ