無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一人暮らしさん必見♡@jun__tikiさんに学ぶ上品でオシャレなお部屋の作り方

インテリア

インテリアをモノトーンにしている分、生花を飾ると彩りが良く、部屋に映えてとてもステキです。生花を切らさずに飾っていると、一人暮らしのお部屋にもグンと華やかさが出ます。

季節感のある木蓮のお花もつぼみの時から飾っていて、開花するまでのプロセスも楽しんでいるようでした。このように、大き目の枝物を飾るのも雰囲気が出てオシャレですよね。これからの季節は梅の花や桜などがオススメです。

どの部屋も徹底してテーマを統一

くつろぎタイムを過ごすリビングも、もちろんモノトーン+グリーンで統一されています。季節感のあるラグやクッションもステキですね。一年中同じインテリアではなく、季節ごとに少し模様替えをするのもオシャレ部屋のポイントです。

また、@jun__tikiさん曰く「自分が落ち着く生活の高さを知る」ことも大切だそうです。例えば高い位置が落ち着く方は背丈の高い家具やハイチェアでインテリアを揃える、低い位置が落ち着く方は低めのソファーやローテーブル…のようにです。

背の高い家具、背の低い家具が混在すると、視覚的にも雰囲気的にも落ち着きのない部屋になってしまいます。これから家具を揃える方はそのような点も注意して選ぶようにすると良いですね。

もちろんバスルームもテーマを統一。また、常に清潔・整頓を保つことで気持ちよくリラックスタイムを過ごすことが叶います。

モノは必要なものだけ!

オシャレ部屋の極意として言えることは「余計なモノは置かない」ということです。ゴチャゴチャとモノが溢れかえっている部屋では、いくらインテリアにこだわってもオシャレに見えませんよね。

収納スペースに収まる量を把握する

キッチンカウンターの下に収納されているという、湯飲みやカップ類。@jun__tikiさんはここに入るだけしか持たないと決めているので、これ以上に増えそうなときはすでにあるものを断捨離し、収納に収まるように調整しているそうです。

カトラリー類も同じように、引き出しの収納に収まる分しか持っていません。頂きものであっても、好みでないものは断捨離しているそうです。モノを最低限に保つには、@jun__tikiさんのような潔さも必要ですね。

生活感の出やすいモノは、詰め替えして収納

記事に関するお問い合わせ